Caution: You are browsing the legacy 1.x part of this website.
This version of symfony is not maintained anymore. If some of your projects still use this version, consider upgrading.

Master Symfony fundamentals

Be trained by SensioLabs experts (2 to 6 day sessions -- French or English).
training.sensiolabs.com

Discover SensioLabs' Professional Business Solutions

Peruse our complete Symfony & PHP solutions catalog for your web development needs.
sensiolabs.com
The Reference Book

symfony のコアコンポーネントは sfEventDispatcher オブジェクトによって疎結合されています。イベントディスパッチャ (Event Dispatcher) はコアコンポーネントのあいだのコミュニケーションを司ります。

あるオブジェクトがディスパッチャにイベントを通知すれば、ディスパッチャに接続しているほかのオブジェクトがそのイベントをリスニングできるようになります。

イベントは単なる名前で、ドット (.) で区切られた名前空間と名前からなります。

使いかた

最初にイベントオブジェクトを作ります。

$event = new sfEvent($this, 'user.change_culture', array('culture' => $culture));

そしてディスパッチャにイベントを通知させます。

$dispatcher->notify($event);

sfEvent コンストラクタは3つの引数をとります。

  • イベントの「サブジェクト (対象)」 (ほとんどの場合、これはイベントを通知するオブジェクトになりますが、null にもなります)
  • イベントの名前
  • リスナーに渡すパラメータの配列

リスナーがイベントをリスニングできるようにするために、リスナーをディスパッチャに接続させます。

$dispatcher->connect('user.change_culture', array($this, 'listenToChangeCultureEvent'));

ディスパッチャの connect メソッドは2つの引数をとります。

  • イベントの名前
  • イベントが通知されるときに呼び出される関数/メソッド

リスナーの実装例は次のようになります。

public function listenToChangeCultureEvent(sfEvent $event)
{
  // メッセージフォーマットオブジェクトを新しいカルチャで変更します
  $this->setCulture($event['culture']);
}

リスナーはイベントを第1引数にとります。イベントオブジェクトにはイベント情報を提供するためのメソッドがいくつか備わっています。

  • getSubject(): イベントにアタッチされているサブジェクトオブジェクトを取得します。
  • getParameters(): イベントパラメータを返します。

配列方式によるイベントオブジェクトへのアクセス方法も用意されています。

イベントの種類

イベントは3つの異なるメソッドによって作られます。

  • notify()
  • notifyUntil()
  • filter()

notify

notify() メソッドはすべてのリスナーに通知します。リスナーは値を返すことはできません。すべてのリスナーの実行は保証されています。

notifyUntil

1つのリスナーが true の値を返されることで、チェーンが止まるまで、notifyUntil() メソッドはすべてのリスナーに通知しつづけます。

チェーンを止めるリスナーは setReturnValue() メソッドを呼び出すこともできます。

リスナーが処理済みのイベントをもっていることをチェックするには、通知オブジェクトのなかで isProcessed() メソッドを呼び出します。

if ($event->isProcessed())
{
  // ...
}

filter

filter() メソッドは、通知オブジェクトから第2引数に渡される任意の値にフィルタをかけ、リスナーの第2引数に渡される関数/メソッドによって結果が取り出されたことを通知します。すべてのリスナーは受け取った値にフィルタをかけて返さなければなりません。すべてのリスナーの実行は保証されています。

通知オブジェクトは getReturnValue() メソッドを呼び出すことで、フィルタ処理済みの値を得ることができます。

$ret = $event->getReturnValue();

イベント

application

application.log

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: さまざまなクラス

パラメータ 説明
priority 優先順位 (sfLogger::EMERGsfLogger::ALERTsfLogger::CRITsfLogger::ERRsfLogger::WARNINGsfLogger::NOTICEsfLogger::INFO もしくは sfLogger::DEBUG)

application.log イベントは HTTP リクエストのロギングシステムに利用されています (logger ファクトリをご参照ください)。さまざまな symfony のコアコンポーネントがこのイベントを通知します。

application.throw_exception

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfException

リクエスト処理のあいだに捕まえられない例外が投げられたときに application.throw_exception イベントが通知されます。

このイベントをリスニングしていれば、捕まえられない例外が投げられた場合に、メールを送信する、もしくはエラーログに記録するなどの措置を講じることができます。イベントを扱うことで、symfony におけるデフォルトの例外管理メカニズムをオーバーライドすることもできます。

command

command.log

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfCommand* クラス

パラメータ 説明
priority 優先順位 (sfLogger::EMERGsfLogger::ALERTsfLogger::CRITsfLogger::ERRsfLogger::WARNINGsfLogger::NOTICEsfLogger::INFO もしくは sfLogger::DEBUG)

command.log イベントは symfony CLI ユーティリティによるロギングにも利用できます (logger ファクトリをご参照ください)。

command.pre_command

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfTask

パラメータ 説明
arguments CLI に渡される引数の配列
options CLI に渡されるオプションの配列

タスクの実行直前に command.pre_command イベントが通知されます。

command.post_command

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfTask

タスクの実行直後に command.post_command イベントが通知されます。

command.filter_options

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfTask

パラメータ 説明
command_manager sfCommandManager のインスタンス

タスクオプションが CLI によってパースされる前に command.filter_options イベントが通知されます。このイベントはユーザーに渡すオプションにフィルタをかけます。

configuration

configuration.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfProjectConfiguration

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfProjectConfiguration クラスで定義されていなければ、configuration.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

component

component.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfComponent

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッド
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfComponent クラスで定義されていなければ、component.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

context

context.load_factories

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfContext

すべてのファクトリが初期化された直後から、リクエストが来るたびに、sfContext オブジェクトによって context.load_factories イベントが1回通知されます。すべてのコアクラスが初期化された際にこのイベントが最初に通知されます。

context.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfContext

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッド
arguments メソッドに渡される引数

sfContext クラスで定義されていないメソッドが呼び出された際に context.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

controller

controller.change_action

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfController

パラメータ 説明
module 実行されるモジュールの名前
action 実行されるアクションの名前

アクションが実行される直前に controller.change_action イベントが通知されます。

controller.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfController

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfController クラスで定義されていなければ、controller.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

controller.page_not_found

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfController

パラメータ 説明
module 404エラーが発生したモジュールの名前
action 404エラーが発生したアクションの名前

リクエスト処理のあいだに404エラーが発生したときに controller.page_not_found イベントが通知されます。

このイベントをリスニングしていれば、404ページが表示されるときに、メールを送信する、エラー、イベントのログをとるなどの措置を講じることができます。

debug

debug.web.load_panels

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfWebDebug

sfWebDebug インスタンスの configure() メソッドを呼び出した後に、debug.web.load_panels イベントが通知されます。このイベントをパネルの管理に使うことができます。

debug.web.view.filter_parameter_html

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfWebDebugPanelView

パラメータ 説明
parameter フィルタをかけるパラメータ

debug.web.view.filter_parameter_html イベントは sfWebDebugPanelView パネルによってレンダリングされるそれぞれのパラメータにフィルタをかけます。

doctrine

doctrine.configure

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfDoctrinePluginConfiguration

Doctrine プラグインのコンフィギュレーションが変更された後で doctrine.configure イベントが通知されます。

doctrine.filter_model_builder_options

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfDoctrinePluginConfiguration

doctrine.filter_model_builder_options イベントは Doctrine スキーマビルダーのオプションにフィルタをかけます。

doctrine.filter_cli_config

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfDoctrinePluginConfiguration

doctrine.filter_cli_config イベントは Doctrine CLI のコンフィギュレーション配列にフィルタをかけます。

doctrine.configure_connection

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: Doctrine_Manager (sfDoctrineDatabase)

パラメータ 説明
connection Doctrine_Connection のインスタンス
database sfDoctrineDatabase のインスタンス

Doctrine のデータベースオブジェクトがはじめて初期化されたときに doctrine.configure_connection イベントが通知されます。

doctrine.admin.delete_object

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータのモジュールクラス

パラメータ 説明
object 削除された Doctrine オブジェクト

アドミンジェネレータモジュールのなかで Doctrine オブジェクトが削除されたときに doctrine.admin.delete_object イベントが通知されます。

doctrine.admin.save_object

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールのクラス

パラメータ 説明
object 保存された Doctrine オブジェクト

アドミンジェネレータモジュールのなかで Doctrine オブジェクトが保存されたときに doctrine.admin.save_object イベントが通知されます。

doctrine.admin.build_query

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールのクラス

アドミンジェネレータモジュールのなかで Doctrine Query オブジェクトが生成されたときに doctrine.admin.build_query イベントが通知されます。

doctrine.admin.pre_execute

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールのクラス

パラメータ 説明
configuration アドミンジェネレータのコンフィギュレーションオブジェクト

アドミンジェネレータモジュールの preExecute() メソッドが呼び出されたときに doctrine.admin.pre_execute イベントが通知されます。

form

form.post_configure

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfFormSymfony

form.post_configure イベントはフォームのコンフィギュレーションが変更されたときに通知されます。

form.filter_values

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfFormSymfony

form.filter_values イベントは、バインドされる直前の、マージされ、汚染されているパラメータとファイルの配列にフィルタをかけます。

form.validation_error

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfFormSymfony

パラメータ 説明
error エラーのインスタンス

フォームバリデーションが通らないときに form.validation_error イベントはつねに通知されます。

form.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfFormSymfony

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfFormSymfony クラスで定義されていなければ、form.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

mailer

mailer.configure

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfMailer

メーラーのコンフィギュレーションが変更された後で mailer.configure イベントが通知されます。メーラーのインスタンスはイベントのサブジェクトです。

plugin

plugin.pre_install

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfPluginManager

パラメータ 説明
channel プラグインのチャンネル
plugin プラグインの名前
is_package ローカルパッケージ (true)、もしくは Web 公開パッケージ (false) をインストールするかどうか

プラグインがインストールされる直前に plugin.pre_install イベントが通知されます。

plugin.post_install

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfPluginManager

パラメータ 説明
channel プラグインのチャンネル
plugin プラグインの名前

プラグインがインストールされた直後に plugin.post_install イベントが通知されます。

plugin.pre_uninstall

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfPluginManager

パラメータ 説明
channel プラグインのチャンネル
plugin プラグインの名前

プラグインがアンインストールされる直前に plugin.pre_uninstall イベントが通知されます。

plugin.post_uninstall

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfPluginManager

パラメータ 説明
channel プラグインのチャンネル
plugin プラグインの名前

プラグインがアンインストールされた直後に plugin.post_uninstall イベントが通知されます。

propel

propel.configure

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfPropelPluginConfiguration

Propel プラグインのコンフィギュレーションが変更された後で propel.configure イベントが通知されます。

propel.filter_phing_args

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfPropelBaseTask

propel.filter_phing_args イベントは Propel CLI のコンフィギュレーション配列にフィルタをかけます。

propel.filter_connection_config

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfPropelDatabase

パラメータ 説明
name コネクションの名前
database sfPropelDatabase のインスタンス

Propel データベースが最初に初期化されたときに propel.filter_connection_config イベントが通知されます。

propel.admin.delete_object

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールのクラス

パラメータ 説明
object 削除された Propel オブジェクト

Propel オブジェクトが削除されたときに propel.admin.delete_object イベントが通知されます。

propel.admin.save_object

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールのクラス

パラメータ 説明
object 保存された Propel オブジェクト

アドミンジェネレータモジュールのなかで Propel オブジェクトが保存されたときに propel.admin.save_object イベントが通知されます。

propel.admin.build_criteria

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールのクラス

アドミンジェネレータモジュールのなかで Propel の Criteria が生成されたときに propel.admin.build_criteria イベントが通知されます。

propel.admin.pre_execute

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: アドミンジェネレータモジュールクラス

パラメータ 説明
configuration アドミンジェネレータのコンフィギュレーションオブジェクト

アドミンジェネレータモジュールの preExecute() メソッドが呼び出されたときに propel.admin.pre_execute イベントが通知されます。

request

request.filter_parameters

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfWebRequest

パラメータ 説明
path_info リクエストのパス

リクエストパラメータが初期化されたときに request.filter_parameters イベントが通知されます。

request.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfRequest

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfRequest クラスで定義されていなければ、request.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

response

response.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfResponse

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfResponse クラスで定義されていなければ、response.method_not_found イベントが通知されます。このメソッドをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

response.filter_content

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfResponse

レスポンスが送信される前に response.filter_content イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、送信される前のレスポンスの内容に手を加えることができます。

routing

routing.load_configuration

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfRouting

ルーティングファクトリがルーティングコンフィギュレーションをロードしたときに routing.load_configuration イベントが通知されます。

task

task.cache.clear

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfCacheClearTask

パラメータ 説明
app アプリケーションの名前
type キャッシュの種類 (allconfigi18nroutingmodule、そして template)
env 環境

キャッシュが cache:clear タスクによって一掃されたときに task.cache.clear イベントが通知されます。

template

template.filter_parameters

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfViewParameterHolder

ビューファイルがレンダリングされる前に template.filter_parameters イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、テンプレートに渡される変数にアクセスして、変数に収められている値を書き換えることができます。

user

user.change_culture

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfUser

パラメータ 説明
culture ユーザーカルチャ

リクエストのあいだにユーザーカルチャが変更されたときに user.change_culture イベントが通知されます。

user.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

デフォルトの通知オブジェクト: sfUser

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfUser クラスで定義されていなければ、user.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

user.change_authentication

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfBasicSecurityUser

パラメータ 説明
authenticated ユーザーが認証されているかどうか

ユーザーの認証ステータスが変更されるたびに user.change_authentication イベントが通知されます。

view

view.configure_format

通知メソッド: notify

デフォルトの通知オブジェクト: sfView

パラメータ 説明
format リクエストされたフォーマット
response レスポンスオブジェクト
request リクエストオブジェクト

リクエストにおいて sf_format パラメータセットが存在しているときに view.configure_format イベントが通知されます。symfony が設定を変更するもしくはレイアウトの設定を解除するなどの処理を施した後でこのイベントが通知されます。このイベントによってリクエストされたフォーマットに応じてビューとレスポンスオブジェクトを変更することができます。

view.method_not_found

通知メソッド: notifyUntil

通知元クラス: sfView

パラメータ 説明
method 呼び出されたが見つからなかったメソッドの名前
arguments メソッドに渡される引数

呼び出されたメソッドが sfView クラスで定義されていなければ、view.method_not_found イベントが通知されます。このイベントをリスニングしていれば、継承を使わなくても、クラスにメソッドを追加できます。

view.cache

view.cache.filter_content

通知メソッド: filter

デフォルトの通知オブジェクト: sfViewCacheManager

パラメータ 説明
response レスポンスオブジェクト
uri キャッシュ済みのコンテンツの URI
new コンテンツがキャッシュのなかで新しいものであるかどうか

view.cache.filter_content イベントはキャッシュからコンテンツが読み込まれるたびに通知されます。


In the news

The Symfony Certification by SensioLabs

Symfony 3 Certification now available in 4,000 centers around the world!

Get certified

Upcoming training sessions