Symfony 6 Certification New exam with updated questions 100% online Show your expertise
Caution: You are browsing the legacy symfony 1.x part of this website.

サンドボックス

symfonyを数時間だけ試すのが目的でしたら、この章を読んでいただければもっとも速く始める方法をお見せします。 現実のプロジェクトをブートストラップしたい場合、この章を飛ばしても問題はなく、次の章に直行できます。

symfonyをもっとも速く体験する方法はサンドボックスをインストールすることです。 サンドボックスはあらかじめ実用的な設定がなされているsymfonyプロジェクトをインストールするためのとても簡単な手段です。 Webのベストプラクティスを考慮した適切だがわずらわしいインストール作業をしなくてもsymfonyを体験できます。

caution

サンドボックスはあらかじめデータベースエンジンとしてSQLiteを使うように設定されているのでPHPがSQLiteをサポートしていることを確認する必要があります(前提要件の章を参照)。 サンドボックスで使われるデータベースを変更する方法はデータベースを設定するのセクションで読むことができます。

インストールの手順のページもしくは次のURLで.tgzもしくは.zipフォーマットのサンドボックスをダウンロードできます:

/get/sf_sandbox_1_2.tgz

/get/sf_sandbox_1_2.zip

Web公開ディレクトリのルートでこれらのファイルを展開すれば作業は終わりです。 symfonyのプロジェクトはブラウザからweb/index.phpスクリプトをリクエストすることでアクセスできます。

caution

すべてのsymfonyファイルをWeb公開ディレクトリのルートに設置する方法はローカル環境でテストするのにはよいですが、運用環境ではよくない方法です。 アプリケーションの内部すべてがエンドユーザーに見せてしまう可能性があるからです。

Webサーバーの設定環境の章を読み終えればインストール作業を終わらせることができます。

note

サンドボックスは通常のsymfonyプロジェクトでありタスクを実行することで設定が変更されるので、新しいプロジェクトの出発点として使うにはとても簡単です。 しかし設定を調整する必要があることを覚えておいてください。 たとえば設定に関連するセキュリティを変更するためなどです(このチュートリアルの後のXSSとCSRFの設定を参照)。