Caution: You are browsing the legacy 1.x part of this website.
This version of symfony is not maintained anymore. If some of your projects still use this version, consider upgrading.

Master Symfony fundamentals

Be trained by SensioLabs experts (2 to 6 day sessions -- French or English).
training.sensiolabs.com

Discover SensioLabs' Professional Business Solutions

Peruse our complete Symfony & PHP solutions catalog for your web development needs.
sensiolabs.com

Web プロジェクトにおいて、たいていのフォームはモデルオブジェクトを作るもしくは修正するために使われます。ORM のおかげでこれらのオブジェクトは通常はデータベースでシリアライズされます。symfony のフォームシステムは symfony に組み込まれている Propel と連動する追加レイヤーを提供し、これらのモデルオブジェクトにもとづいたフォームの実装をよりかんたんにします。

この章ではフォームを Propel のオブジェクトモデルと統合する方法をくわしく検討します。Propel と symfony との統合機能に習熟していることが大いに推奨されます。そうではない場合、「A Gentle Introduction to symfony」の「モデルレイヤーの内側 (Propel)」の章をご参照ください。

始める前に

この章では、記事の管理システムを作ります。データベースのスキーマから始めましょう。 リスト4-1で示されるように、これは次の5つのテーブル: articleauthorcategorytagarticle_tag から構成されます。

リスト4-1 - データベーススキーマ

// config/schema.yml
propel:
  article:
    id:           ~
    title:        { type: varchar(255), required: true }
    slug:         { type: varchar(255), required: true }
    content:      longvarchar
    status:       varchar(255)
    author_id:    { type: integer, required: true, foreignTable: author, foreignReference: id, OnDelete: cascade }
    category_id:  { type: integer, required: false, foreignTable: category, foreignReference: id, onDelete: setnull }
    published_at: timestamp
    created_at:   ~
    updated_at:   ~
    _uniques:
      unique_slug: [slug]
 
  author:
    id:           ~
    first_name:   varchar(20)
    last_name:    varchar(20)
    email:        { type: varchar(255), required: true }
    active:       boolean
 
  category:
    id:           ~
    name:         { type: varchar(255), required: true }
 
  tag:
    id:           ~
    name:         { type: varchar(255), required: true }
 
  article_tag:
    article_id:   { type: integer, foreignTable: article, foreignReference: id, primaryKey: true, onDelete: cascade }
    tag_id:       { type: integer, foreignTable: tag, foreignReference: id, primaryKey: true, onDelete: cascade }

テーブル間のリレーションは次のとおりです。

  • article テーブルと author テーブル間の一対多のリレーション: 1人の執筆者だけが記事を書きます
  • article テーブルと category テーブル間の一対多のリレーション: 記事は1つのカテゴリに所属するもしくは所属しません
  • articletag テーブル間の多対多のリレーション

フォームクラスを生成する

articleauthorcategorytag テーブルの情報を編集したい場合を考えます。そのためには、これらのテーブルのそれぞれにリンクするフォームを作り、データベースのスキーマに関連するウィジェットとバリデータを設定する必要があります。これらのフォームを手動で作ることが可能であっても、長く退屈なタスクで、全体的に、複数のファイルで同じ種類の情報 (カラムとフィールド名、カラムとフィールドの最大サイズ・・・) の反復作業が強制されます。さらに、モデルを変更するたびに、関連するフォームクラスも変更しなければなりません。さいわいにして、Propel のプラグインはオブジェクトモデルに関連するフォームを生成する処理を自動化する組み込みの propel:build-forms タスクを用意しています。

$ ./symfony propel:build-forms

フォーム生成のあいだ、タスクはテーブル間のリレーションを考慮しモデルのイントロスペクト機能を使ってテーブルごとの1つのクラスとそれぞれのカラムのウィジェットを作ります。

note

propel:build-allpropel:build-all-loadpropel:build-forms タスクを自動的に起動させてフォームクラスも更新します。

これらのタスクを実行した後で、ファイル構造は lib/form/ ディレクトリに作られます。私たちの例題のスキーマに対して作られたファイルは次のとおりです。

lib/
  form/
    BaseFormPropel.class.php
    ArticleForm.class.php
    ArticleTagForm.class.php
    AuthorForm.class.php
    CategoryForm.class.php
    TagForm.class.php
    base/
      BaseArticleForm.class.php
      BaseArticleTagForm.class.php
      BaseAuthorForm.class.php
      BaseCategoryForm.class.php
      BaseTagForm.class.php

propel:build-forms タスクはスキーマのそれぞれのテーブルに対して2つのクラスを生成し、1つの基底クラスは lib/form/base ディレクトリに、もう1つのクラスは lib/form/ ディレクトリに配置されます。たとえば author テーブルは、lib/form/base/BaseAuthorForm.class.phplib/form/AuthorForm.class.php ファイルに生成された BaseAuthorFormAuthorForm クラスで構成されます。

sidebar

フォーム生成のディレクトリ

propel:build-forms タスクは Propel の構造に似た構造でこれらのファイルを生成します。Propel スキーマの package 属性によってテーブルのサブセットを論理的にまとめることができます。デフォルトのパッケージは lib.model なので、Propel は lib/model/ ディレクトリでこれらのファイルを生成し lib/form ディレクトリでフォームが生成されます。下記の例のように lib.model.cms パッケージを使うことで、Propel のクラスは lib/model/cms/ ディレクトリに生成されフォームクラスは lib/form/cms/ ディレクトリに生成されます。

propel:
  _attributes: { noXsd: false, defaultIdMethod: none, package: lib.model.cms }
  # ...

5章で見るようにパッケージはデータベースのスキーマを分割してプラグインの範囲内でフォームを配信するために役立ちます。

Propel のパッケージに関する詳しい情報は、「A Gentle Introduction to symfony」の「モデルレイヤーの内側 (Propel)」の章をご参照ください。

下記のテーブルは AuthorForm フォームの定義に必要な異なるクラス間の階層をまとめています。

クラス パッケージ 対象者 説明
AuthorForm project developer 生成したフォームをオーバーライドします
BaseAuthorForm project symfony スキーマにもとづき propel:build-forms タスクの実行ごとにオーバーライドされます
BaseFormPropel project developer Propel フォームのグローバルなカスタマイズを可能にします
sfFormPropel Propel plugin symfony Propel フォームの基底クラス
sfForm symfony symfony symfony フォームの基底クラス

Author クラスからオブジェクトを作るもしくは編集するには、リスト4-2で説明されるように、AuthorForm クラスを使います。お気づきのように、このクラスは設定を通じて生成された BaseAuthorForm を継承するのでメソッドをもっていません。AuthorForm クラスはフォームの設定をカスタマイズしてオーバーライドするために使うクラスです。

リスト4-2 - AuthorForm クラス

class AuthorForm extends BaseAuthorForm
{
  public function configure()
  {
  }
}

リスト4-3は author テーブルのモデルをイントロスペクトするバリデータと生成されたウィジェットをもつ BaseAuthorForm クラスを示しています。

リスト4-3 - author テーブルのためのフォームをあらわす BaseAuthorForm クラス

class BaseAuthorForm extends BaseFormPropel
{
  public function setup()
  {
    $this->setWidgets(array(
      'id'         => new sfWidgetFormInputTextHidden(),
      'first_name' => new sfWidgetFormInputText(),
      'last_name'  => new sfWidgetFormInputText(),
      'email'      => new sfWidgetFormInputText(),
    ));
 
    $this->setValidators(array(
      'id'         => new sfValidatorPropelChoice(array('model' => 'Author', 'column' => 'id', 'required' => false)),
      'first_name' => new sfValidatorString(array('max_length' => 20, 'required' => false)),
      'last_name'  => new sfValidatorString(array('max_length' => 20, 'required' => false)),
      'email'      => new sfValidatorString(array('max_length' => 255)),
    ));
 
    $this->widgetSchema->setNameFormat('author[%s]');
 
    $this->errorSchema = new sfValidatorErrorSchema($this->validatorSchema);
 
    parent::setup();
  }
 
  public function getModelName()
  {
    return 'Author';
  }
}

生成クラスは以前の章ですでに作成したフォームとよく似ていますが、次の内容が異なります。

  • 基底クラスは BaseForm の代わりに BaseFormPropel です
  • バリデータとウィジェットの設定は configure() メソッドの代わりに setup() メソッドです
  • getModelName() メソッドはこのフォームに関連する Propel クラスを返します

sidebar

Propel フォームのグローバルなカスタマイズ

それぞれのテーブル用の生成クラスに加えて、propel:build-forms タスクは BaseFormPropel クラスも生成します。 この空のクラスは lib/form/base/ ディレクトリに生成されたほかのすべてのクラスの基底クラスでこれによってすべての Propel フォームのビヘイビアをグローバルに設定できます。たとえば、すべての Propel フォームに対してデフォルトのフォーマッタをかんたんに変更できます。

abstract class BaseFormPropel extends sfFormPropel
{
  public function setup()
  {
    sfWidgetFormSchema::setDefaultFormFormatterName('div');
  }
}

BaseFormPropel クラスは sfFormPropel クラスを継承することがわかります。Propel 固有の機能とそのほかの機能を組み込み、フォームにおいて投稿された値からデータベースにおけるオブジェクトシリアライズを処理します。

tip

基底クラスは設定に対して configure() メソッドの代わりに setup() メソッドを使います。この機能によって開発者は parent::configure() メソッド呼び出しを対処せずに空の生成クラスのコンフィギュレーションをオーバーライドできます。

フォームのフィールドはスキーマで設定したカラム名: idfirst_namelast_nameemail とまったく同じです。

author テーブルのそれぞれのカラムに対して、propel:build-forms タスクはスキーマの定義にしたがって、ウィジェットとバリデータを生成します。タスクはつねに可能なかぎりもっとセキュアなバリデータを生成します。id フィールドを考えてみましょう。値が有効な整数であるかどうかチェックできます。代わりに (既存のオブジェクトを編集するために) ここで生成されたバリデータによって識別子が実際に存在しているかどうかもしくは (新しいオブジェクトが作れるように) 識別子が空であることのバリデーションを行うことができます。これはより強いバリデーションです。

生成されたフォームは即座に利用できます。 <?php echo $form ?> ステートメントを追加すれば、これによって一行のコードを書かずにバリデーションで機能をもつフォームを作ることができます。

素早くプロトタイプを作る機能を越えて、生成クラスを修正せずに生成フォームを拡張するのが楽です。 これは基底とフォームクラスの継承メカニズムのおかげです。

最終的に、データベーススキーマを改良するたびにカスタマイズした内容を上書きすることなくスキーマの変更を考慮するフォームを再生成することが可能となります。

CRUD ジェネレータ

これで生成フォームクラスが用意されたので、ブラウザからオブジェクトを処理する symfony モジュールを作るのがどれだけかんたんなのか見てみましょう。ArticleAuthorCategoryTag クラスからオブジェクトを作る、修正する、削除することを考えます。Author クラス対応のモジュールを作ることからはじめましょう。手作業でモジュールを作ることができますが、Propel のプラグインは Propel のオブジェクトモデルクラスにもとづいて CRUD モジュールを生成する propel:generate-crud タスクを提供します。以前のセクションで生成したフォームを使います。

$ ./symfony propel:generate-crud frontend author Author

propel:generate-crud は3つの引数をとります。

  • frontend : 作りたいモジュールを含むアプリケーションの名前
  • author : 作りたいモジュールの名前
  • Author : 作りたいモジュールのモデルクラスの名前

note

CRUD は Creation/Retrieval/Update/Deletion をあらわし、モデルデータを実行する4つの基本オペレーションを要約しています。

リスト4-4において、Author クラスのオブジェクトを表示する (index)、作る(create)、修正する (edit)、保存する (update) そして削除する (delete) 5つのアクションをタスクが生成したことを見ます。

リスト4-4 - タスクによって生成された authorActions クラス

// apps/frontend/modules/author/actions/actions.class.php
class authorActions extends sfActions
{
  public function executeIndex()
  {
    $this->authorList = AuthorPeer::doSelect(new Criteria());
  }
 
  public function executeCreate()
  {
    $this->form = new AuthorForm();
 
    $this->setTemplate('edit');
  }
 
  public function executeEdit(sfWebRequest $request)
  {
    $this->form = new AuthorForm(AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id')));
  }
 
  public function executeUpdate(sfWebRequest $request)
  {
    $this->forward404Unless($request->isMethod('post'));
 
    $this->form = new AuthorForm(AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id')));
 
    $this->form->bind($request->getParameter('author'));
    if ($this->form->isValid())
    {
      $author = $this->form->save();
 
      $this->redirect('author/edit?id='.$author->getId());
    }
 
    $this->setTemplate('edit');
  }
 
  public function executeDelete(sfWebRequest $request)
  {
    $this->forward404Unless($author = AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id')));
 
    $author->delete();
 
    $this->redirect('author/index');
  }
}

このモジュールにおいて、フォームのライフサイクルは3つのメソッド: createeditupdate によって対処されます。 --non-atomic-actions オプションをつけることで、propel:generate-crud タスクに以前の3つのメソッドの機能を変換する1つのメソッドのみを生成することを求めることも可能です。

$ ./symfony propel:generate-crud frontend author Author --non-atomic-actions

--non-atomic-actions (リスト4-5) を使って生成されたコードはより簡潔です。

リスト4-5 - --non-atomic-actions オプションをつけて生成された authorActions クラス

class authorActions extends sfActions
{
  public function executeIndex()
  {
    $this->authorList = AuthorPeer::doSelect(new Criteria());
  }
 
  public function executeEdit(sfWebRequest $request)
  {
    $this->form = new AuthorForm(AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id')));
 
    if ($request->isMethod('post'))
    {
      $this->form->bind($request->getParameter('author'));
      if ($this->form->isValid())
      {
        $author = $this->form->save();
 
        $this->redirect('author/edit?id='.$author->getId());
      }
    }
  }
 
  public function executeDelete(sfWebRequest $request)
  {
    $this->forward404Unless($author = AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id')));
 
    $author->delete();
 
    $this->redirect('author/index');
  }
}

タスクは2つのテンプレート、indexSuccesseditSuccess も生成しました。<?php echo $form ?> ステートメントを伴わない editSuccess テンプレートが生成されました。--non-verbose-templates をつけて、このふるまいを修正できます。

$ ./symfony propel:generate-crud frontend author Author --non-verbose-templates

リスト4-6が示すように、このオプションはプロトタイプのフェーズで役に立ちます。

リスト4-6 - editSuccess テンプレート

// apps/frontend/modules/author/templates/editSuccess.php
<?php $author = $form->getObject() ?>
<h1><?php echo $author->isNew() ? 'New' : 'Edit' ?> Author</h1>
 
<form action="<?php echo url_for('author/edit'.(!$author->isNew() ? '?id='.$author->getId() : '')) ?>" method="post" <?php $form->isMultipart() and print 'enctype="multipart/form-data" ' ?>>
  <table>
    <tfoot>
      <tr>
        <td colspan="2">
          &nbsp;<a href="<?php echo url_for('author/index') ?>">Cancel</a>
          <?php if (!$author->isNew()): ?>
            &nbsp;<?php echo link_to('Delete', 'author/delete?id='.$author->getId(), array('post' => true, 'confirm' => 'Are you sure?')) ?>
          <?php endif; ?>
          <input type="submit" value="Save" />
        </td>
      </tr>
    </tfoot>
    <tbody>
      <?php echo $form ?>
    </tbody>
  </table>
</form>

tip

--with-show オプションをつけることで、オブジェクトを閲覧する (読み込みのみ) ために利用できるアクションとテンプレートが生成されます。

生成モジュールを閲覧するためにブラウザで /frontend_dev.php/author の URL を開くことができます (図4-1と図4-2)。インターフェイスを少し遊んでみてください。 生成モジュールのおかげで著者の一覧を表示する、新しい著者を追加する、編集、修正、削除することさえできます。 バリデーションルールが機能していることもおわかり頂けるでしょう。

図4-1 - 著者のリスト

著者のリスト

図4-2 - バリデーションエラーが発生している著者を編集する

バリデーションエラーが発生している著者を編集する

Article クラスでオペレーションを繰り返すことができます。

$ ./symfony propel:generate-crud frontend article Article --non-verbose-templates --non-atomic-actions

生成コードは Author クラスのコードとよく似ています。しかしながら、新しい記事を作ろうとすると、図4-3で見られるように致命的なエラーが投げられます。

図4-3 - リンクされたテーブルは __toString() マジックメソッドを定義しなければならない

リンクされたテーブルは __toString() マジックメソッドを定義しなければならない

ArticleForm フォームは Article オブジェクトと Author オブジェクトのリレーションをあらわすために sfWidgetFormPropelSelect ウィジェットを使います。このウィジェットは著者のドロップダウンリストを作ります。 表示のあいだ、Author オブジェクトは __toString() マジックメソッドを使って文字の文字列に変換されます。リスト4-7で示されるように、Author クラスで定義されなければなりません。

リスト4-7 - Author クラスの __toString() マジックメソッドを実装する

class Author extends BaseAuthor
{
  public function __toString()
  {
    return $this->getFirstName().' '.$this->getLastName();
  }
}

Author クラスのように、モデルのほかのクラス: ArticleCategoryTag__toString() メソッドを作ることができます。

tip

テキストフォーマットでオブジェクトを表現するために使われるメソッドは sfWidgetFormPropelSelect ウィジェットの method オプションで指定できます。

図4-4は__toString() マジックメソッドで実装した後に記事を作る方法を示しています。

図4-4 - 記事を作る

記事を作る

生成されたフォームをカスタマイズする

propel:build-formspropel:generate-crud タスクを使うことで、モデルオブジェクトを表示する、作成する、編集し、削除する機能を持つ symfony モジュールを作ることができます。これらのモジュールはモデルのバリデーションルールだけでなくテーブル間のリレーションも考慮します。一行も書かずにこれらすべてが行われます!

生成コードをカスタマイズする段階に来ました。フォームクラスがすでに多くの要素を考慮しているのであれば、いくつかの面をカスタマイズする必要があります。

バリデータとウィジェットを設定する

デフォルトで生成されたバリデータとウィジェットを設定することからはじめましょう。

ArticleForm フォームは slug フィールドをもっています。スラッグは記事の URL を構成している一意性のある文字列です。たとえば、タイトルが「Optimize the developments with symfony」である記事のスラッグは 12-optimize-the-developments-with-symfony で、12は記事の id です。このフィールドは title に依存しており、オブジェクトが保存されたときに自動的に算出されますが、ユーザーによって明示的に上書きされる可能性があります。このフィールドがスキーマに必要な場合でも、フォームに必須にはなることはありません。リスト4-8のように、バリデータを修正してオプションにしている理由はそういうわけです。content フィールドもサイズを増やして少なくともユーザーが5文字を入力するようにカスタマイズします。

リスト4-8 - バリデータとウィジェットをカスタマイズする

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    // ...
 
    $this->validatorSchema['slug']->setOption('required', false);
    $this->validatorSchema['content']->setOption('min_length', 5);
 
    $this->widgetSchema['content']->setAttributes(array('rows' => 10, 'cols' => 40));
  }
}

ここでは validatorSchemawidgetSchema オブジェクトを PHP 配列として使います。これらの配列はフィールドの名前をキーにとり、それぞれのバリデータオブジェクトと関連するウィジェットオブジェクトを返します。個別のフィールドとウィジェットをカスタマイズできます。

note

オブジェクトを PHP 配列として利用できるようにするために、sfValidatorSchemasfWidgetFormSchema クラスは PHP5 以降で利用できる ArrayAccess インターフェイスを実装しています。

2つの記事が同じスラッグをもっていないことを確認するために、一意性の制約がスキーマの定義に追加されました。sfValidatorPropelUnique バリデータを利用することでデータベースレベルでのこの制約は ArticleForm フォームに反映されました。このバリデータは任意のフォームフィールドの独自性をチェックできます。たとえば、ログインのメールアドレスの一意性のチェックなどに役立ちます。 リスト4-9は ArticleForm フォームでこれを使う方法を示しています。

リスト4-9 - フィールドの一意性をチェックするために sfValidatorPropelUnique バリデータを使う

class BaseArticleForm extends BaseFormPropel
{
  public function setup()
  {
    // ...
 
    $this->validatorSchema->setPostValidator(
      new sfValidatorPropelUnique(array('model' => 'Article', 'column' => array('slug')))
    );
  }
}

sfValidatorPropelUnique バリデータはそれぞれのフィールドのバリデーションの後でデータ全体を処理するポストバリデータです。スラッグ の一意性のバリデーションを行うために、バリデータはスラッグの値だけでなくプライマリキーの値にもアクセスできなければなりません。スラッグは記事の更新のあいだに同じ文字列を保つことができるので、作成と編集全体を通してバリデーションのルールは本当に異なります。

著者がアクティブであるか知るために使われる author テーブルの active フィールドをカスタマイズしてみましょう。リスト4-10は author_id フィールドに接続した sfWidgetPropelSelect ウィジェットの criteria オプションを修正することで ArticleForm フォームからアクティブではない著者を除外する方法を示しています。criteria オプションは Propel の Criteria オブジェクトを受け取ることで、ローリングリスト内で利用可能なオプションリストの範囲を絞ることが可能にします。

リスト4-10 - sfWidgetPropelSelect ウィジェットをカスタマイズする

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    // ...
 
    $authorCriteria = new Criteria();
    $authorCriteria->add(AuthorPeer::ACTIVE, true);
 
    $this->widgetSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
  }
}

ウィジェットをカスタマイズすることで利用可能なオプションリストの範囲を絞ることができるとしても、リスト4-11で示されるように、バリデータレベルでこの範囲の絞り込みを考慮することをお忘れなく。sfWidgetProperSelect ウィジェットのように、sfValidatorPropelChoice バリデータはフィールドに対して有効なオプションを絞るために criteria オプションを受け取ります。

リスト4-11 - sfValidatorPropelChoice バリデータをカスタマイズする

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    // ...
 
    $authorCriteria = new Criteria();
    $authorCriteria->add(AuthorPeer::ACTIVE, true);
 
    $this->widgetSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
    $this->validatorSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
  }
}

前の例で、configure() メソッドのなかで Criteria オブジェクトを直接定義しました。私たちのプロジェクトにおいて、この Criteria オブジェクトはほかの状況で確実に役立つので、リスト4-12が示すように AuthorPeer クラスの範囲内で getActiveAuthorsCriteria() メソッドを作り、ArticleForm クラスからこのメソッドを呼び出すほうがよいやり方です。

リスト4-12 - モデルの Criteria をリファクタリングする

class AuthorPeer extends BaseAuthorPeer
{
  static public function getActiveAuthorsCriteria()
  {
    $criteria = new Criteria();
    $criteria->add(AuthorPeer::ACTIVE, true);
 
    return $criteria;
  }
}
 
class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    $authorCriteria = AuthorPeer::getActiveAuthorsCriteria();
    $this->widgetSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
    $this->validatorSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
  }
}

バリデータを変更する

スキーマのなかで emailvarchar(255) として定義されたので、symfony は最大長を255文字に制限する sfValidatorString() バリデータを作りました。このフィールドは妥当なメールアドレスを受け取るようになっており、リスト4-14は生成されたバリデータを sfValidatorEmail バリデータで置き換えています。

リスト4-13 - AuthorForm クラスの email フィールドバリデータを変更する

class AuthorForm extends BaseAuthorForm
{
  public function configure()
  {
    $this->validatorSchema['email'] = new sfValidatorEmail();
  }
}

バリデータを追加する

前の章で生成されたバリデータを修正する方法を見ました。しかし email フィールドの場合、これは最大長のバリデーションの維持に役立ちます。リスト4-14において、メールアドレスの妥当性を保証してフィールドに対して許容される最大長をチェックするために sfValidatorAnd バリデータが使われています。

リスト4-14 - 複数のバリデータを使う

class AuthorForm extends BaseAuthorForm
{
  public function configure()
  {
    $this->validatorSchema['email'] = new sfValidatorAnd(array(
      new sfValidatorString(array('max_length' => 255)),
      new sfValidatorEmail(),
    ));
  }
}

以前の例は完全なものではありません。データベーススキーマで email フィールドの長さを後で修正することを決める場合、この作業をフォームでも行うことを考慮しなければなりません。生成されたバリデータを置き換える代わりに、リスト4-15で示されるように、バリデータスキーマを追加するほうがよいやり方です。

リスト4-15 - バリデータを追加する

class AuthorForm extends BaseAuthorForm
{
  public function configure()
  {
    $this->validatorSchema['email'] = new sfValidatorAnd(array(
      $this->validatorSchema['email'],
      new sfValidatorEmail(),
    ));
  }
}

ウィジェットを変更する

データベーススキーマにおいて、article テーブルの status フィールドは記事のステータスを文字列として保存します。リスト4-16で示されるように、利用可能な値は ArticePeer クラスで定義されました。

リスト4-16 - ArticlePeer クラスで利用可能なステータスを定義する

class ArticlePeer extends BaseArticlePeer
{
  static protected $statuses = array('draft', 'online', 'offline');
 
  static public function getStatuses()
  {
    return self::$statuses;
  }
 
  // ...
}

記事を編集する際に、status フィールドはテキストフィールドの代わりにドロップダウンのリストとしてあらわさなければなりません。そのためには、リスト4-17で示されるように、使われているウィジェットを変更してみましょう。

リスト4-17 - status フィールドのウィジェットを変更する

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    $this->widgetSchema['status'] = new sfWidgetFormSelect(array('choices' => ArticlePeer::getStatuses()));
  }
}

完全なものにするために、選択されたステータスが実際に利用可能なオプションのリストに所属することを確認するバリデータも変更しなければなりません (リスト4-18)。

リスト4-18 - status フィールドバリデータを修正する

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    $statuses = ArticlePeer::getStatuses();
 
    $this->widgetSchema['status'] = new sfWidgetFormSelect(array('choices' => $statuses));
 
    $this->validatorSchema['status'] = new sfValidatorChoice(array('choices' => array_keys($statuses)));
  }
}

フィールドを削除する

article テーブルには2つの特別なカラムである created_atupdated_at が用意されており、これらのカラムの更新は Propel によって自動的に処理されます。リスト4-19で示されるように、ユーザーがこれらを修正できないようにするには、フォームからこれらを削除しなければなりません。

リスト4-19 - フィールドを削除する

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    unset($this->validatorSchema['created_at']);
    unset($this->widgetSchema['created_at']);
 
    unset($this->validatorSchema['updated_at']);
    unset($this->widgetSchema['updated_at']);
  }
}

フィールドを削除するには、バリデータとウィジェットを削除することが必要です。リスト4-20はフォームを PHP 配列として使い、1つのアクションで両方を削除することも可能であることを示しています。

リスト4-20 - PHP 配列形式でフィールドを削除する

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    unset($this['created_at'], $this['updated_at']);
  }
}

まとめ

まとめるために、リスト4-21とリスト4-22はカスタマイズする ArticleFormAuthorForm フォームを示しています。

リスト4-21 - ArticleForm フォーム

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    $authorCriteria = AuthorPeer::getActiveAuthorsCriteria();
 
    // ウィジェット
    $this->widgetSchema['content']->setAttributes(array('rows' => 10, 'cols' => 40));
    $this->widgetSchema['status'] = new sfWidgetFormSelect(array('choices' => ArticlePeer::getStatuses()));
    $this->widgetSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
 
    // バリデータ
    $this->validatorSchema['slug']->setOption('required', false);
    $this->validatorSchema['content']->setOption('min_length', 5);
    $this->validatorSchema['status'] = new sfValidatorChoice(array('choices' => array_keys(ArticlePeer::getStatuses())));
    $this->validatorSchema['author_id']->setOption('criteria', $authorCriteria);
 
    unset($this['created_at']);
    unset($this['updated_at']);
  }
}

リスト4-22 - AuthorForm フォーム

class AuthorForm extends BaseAuthorForm
{
  public function configure()
  {
    $this->validatorSchema['email'] = new sfValidatorAnd(array(
      $this->validatorSchema['email'],
      new sfValidatorEmail(),
    ));
  }
}

propel:build-forms タスクを利用することでフォームにオブジェクトモデルをイントロスペクトさせるたいていの要素を自動的に生成できます。この自動処理はいくつかの理由から役立ちます。

  • 退屈な反復作業をしなくてすむので、開発者の生活が楽になります。プロジェクト固有のビジネスルールにしたがってバリデータとウィジェットのカスタマイズに焦点を合わせることができます。

  • 加えて、データベーススキーマが更新されたとき、生成フォームは自動的に更新されます。開発者がしなければならないのは行ったカスタマイズの調整だけです。

次のセクションでは propel:generate-crud タスクによって生成されたアクションとテンプレートのカスタマイズ方法を説明します。

フォームのシリアライズ

前のセクションでは propel:build-forms タスクによって生成されたフォームをカスタマイズする方法が示されました。現在のセクションにおいて、propel:generate-crud タスクによって生成されたコードから始めることで、フォームのライフサイクルをカスタマイズします。

デフォルトの値

Propel フォームのインスタンスは Propel オブジェクトに接続します。リンクされた Propel オブジェクトはつねに getModelName() メソッドによって返されたクラスに所属します。たとえば、AuthorForm フォームは Author クラスに所属するオブジェクトのみにリンクできます。このオブジェクトは空のオブジェクト (Author クラスの空インスタンス)、もしくは第1引数としてコンストラクタに送り出されるオブジェクトです。「平均的な」フォームのコンストラクタが値の配列を第1引数として受け取る一方で、Propel フォームのコンストラクタは Propel オブジェクトを受け取ります。このオブジェクトはそれぞれのフィールドのデフォルト値を定義するために使われます。getObject() メソッドは現在のインスタンスに関連するオブジェクトを返し、コンストラクタ経由でオブジェクトが送り出されたかどうかは isNew() メソッドによって知ることができます。

// 新しいオブジェクトを生成します
$authorForm = new AuthorForm();
 
print $authorForm->getObject()->getId(); // null を出力します
print $authorForm->isNew();              // true を出力します
 
// 既存のオブジェクトを修正します
$author = AuthorPeer::retrieveByPk(1);
$authorForm = new AuthorForm($author);
 
print $authorForm->getObject()->getId(); // 1を出力します
print $authorForm->isNew();              // false を出力します

ライフサイクルを扱う

章の始めで見たように、リスト4-23で示される、edit アクションはフォームのライフサイクルを扱います。

リスト4-23 - author モジュールの executeEdit メソッド

// apps/frontend/modules/author/actions/actions.class.php
class authorActions extends sfActions
{
  // ...
 
  public function executeEdit(sfWebRequest $request)
  {
    $author = AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id'));
    $this->form = new AuthorForm($author);
 
    if ($request->isMethod('post'))
    {
      $this->form->bind($request->getParameter('author'));
      if ($this->form->isValid())
      {
        $author = $this->form->save();
 
        $this->redirect('author/edit?id='.$author->getId());
      }
    }
  }
}

edit アクションが以前の章で説明したアクションのような場合でも、わずかな違いを指摘できます。

  • Author クラスからの Propel オブジェクトは第1引数としてフォームコンストラクタに送り出されます。

    $author = AuthorPeer::retrieveByPk($request->getParameter('id'));
    $this->form = new AuthorForm($author);
  • 関連テーブル (author) から名づけられた PHP 配列の入力データを読み取れるようにウィジェットの name 属性フォーマットは自動的にカスタマイズされます。

    $this->form->bind($request->getParameter('author'));
  • フォームが有効なとき、save() メソッドを呼び出すだけでフォームに関連する Propel オブジェクトが生成もしくは更新されます。

    $author = $this->form->save();

Propel オブジェクトを生成して修正する

リスト4-23のコードは Author クラスからオブジェクトの生成と修正を行う単独のメソッドを扱います:

  • 新しい Author オブジェクトの生成:

    • index アクションは id パラメータなしで呼び出されます ($request->getParameter('id') の値は null)

    • retrieveByPk() メソッド呼び出しはそれゆえ null を送り出します

    • そして form オブジェクトは Propel オブジェクトである空の Author にリンクされます

    • 有効なフォームが投稿されたとき $this->form->save() を呼び出すことで結果として Author オブジェクトが生成されます。

  • 既存の Author オブジェクトの修正:

    • index アクションが id パラメータで呼び出されます (Author オブジェクトが修正される予定のプライマリキーをあらわします $request->getParameter('id'))。

    • retriveByPk() メソッド呼び出しはプライマリキーに関連する Author オブジェクトを返します。

    • form オブジェクトは以前見つかったオブジェクトにリンクされます

    • 有効なフォームが投稿されたとき $this->form->save() の呼び出しによって Author オブジェクトが更新されます

save() メソッド

Propel フォームが有効なとき、save() メソッドは関連オブジェクトを更新してデータベースに保存します。実際にはこのメソッドはメインオブジェクトだけでなく潜在的に関連するオブジェクトも保存します。たとえば、ArticleForm フォームは記事に結びつけられたタグを更新します。article テーブルと tag テーブル間の多対多のリレーションでは、記事に関連するタグは (生成された saveArticleTagList() メソッドを利用して) article_tag テーブルに保存されます。一貫したシリアライズを保証するために、save() メソッドは1つのトランザクション内ですべての更新を含みます。

note

9章で見るように save() メソッドは国際化テーブルも自動的に更新します。

sidebar

bindAndSave() メソッドを利用する

bindAndSave() メソッドはユーザーがフォームに投稿した入力データをバインドし、このフォームのバリデーションを行いデータベース内で関連するオブジェクト、およびすべてを1つのオペレーションで更新します。

class articleActions extends sfActions
{
  public function executeCreate(sfWebRequest $request)
  {
    $this->form = new ArticleForm();
 
    if ($request->isMethod('post') && $this->form->bindAndSave($request->getParameter('article')))
    {
      $this->redirect('article/created');
    }
  }
}

ファイルのアップロードを扱う

save() メソッドは自動的に Propel オブジェクトを更新しますが、ファイルのアップロードを管理するなど、ほかの要素を扱うことはできません。

ファイルをそれぞれの記事に添付する方法を見てみましょう。リスト4-24で示されるように、ファイルは web/uploads ディレクトリに保存され、ファイルパスの参照は article テーブルの file フィールドに保持されます。

リスト4-24 - 関連ファイルをもつ article テーブルのスキーマ

// config/schema.yml
propel:
  article:
    // ...
    file: varchar(255)

すべてのスキーマを更新した後、オブジェクトモデル、データベースと関連するフォームを更新する必要があります。

$ ./symfony propel:build-all

caution

propel:build-all タスクは再生成するためにすべてのスキーマテーブルを削除することをかならず覚えておいてください。それゆえテーブル内のデータは上書きされます。これがそれぞれのモデルを修正時に再びダウンロードするテストデータ (フィクスチャ) を作ることが大切である理由です。

リスト4-25はウィジェットとバリデータを file フィールドにリンクするために ArticleForm クラスを修正する方法を示します。

リスト4-25 - ArticleForm フォームの file フィールドを修正する

class ArticleForm extends BaseArticleForm
{
  public function configure()
  {
    // ...
 
    $this->widgetSchema['file'] = new sfWidgetFormInputTextFile();
    $this->validatorSchema['file'] = new sfValidatorFile();
  }
}

ファイルをアップロードするすべてのフォームに関して、テンプレートの form タグに enctype 属性を追加することもお忘れなく (ファイルのアップロード管理に関するくわしい情報は2章をご参照ください)。

リスト4-26はファイルをサーバーにアップロードしてパスを article オブジェクトに保存するために適用する修正方法を示しています。

リスト4-26 - article オブジェクトとアップロードされたファイルをアクションに保存する

public function executeEdit(sfWebRequest $request)
{
  $author = ArticlePeer::retrieveByPk($request->getParameter('id'));
  $this->form = new ArticleForm($author);
 
  if ($request->isMethod('post'))
  {
    $this->form->bind($request->getParameter('article'), $request->getFiles('article'));
    if ($this->form->isValid())
    {
      $file = $this->form->getValue('file');
      $filename = 
        sha1($file->getOriginalName()).$file
        ->getExtension($file->getOriginalExtension());
      $file->save(sfConfig::get('sf_upload_dir').'/'.$filename);
 
      $article = $this->form->save();
 
      $this->redirect('article/edit?id='.$article->getId());
    }
  }
}

アップロードしたファイルをファイルシステムに保存することで sfValidatedFile オブジェクトはファイルへの絶対パスを知ることができます。save() メソッドを呼び出すあいだ、フィールドの値は関連オブジェクトを更新するために使われ、file フィールドに関して、__toString() マジックメソッドのおかげで sfValidatedFile オブジェクトは文字列に変換され、ファイルへの絶対パスを送り返します。article テーブルの file カラムはこの絶対パスを保存します。

tip

sfConfig::get('sf_upload_dir') ディレクトリへの相対パスを保存したい場合、sfValidatedFile を継承するクラスを作り、sfValidatorFile バリデータに新しいクラスの名前を送り出すために validated_file_class オプションを使うことが可能です。バリデータはクラスのインスタンスを返します。この章の残りの部分で、オブジェクトをデータベースに保存する前に file カラムの値を修正する作業で成り立つ別のアプローチを見ることになります。

save() メソッドをカスタマイズする

前の章でアップロードされたファイルを edit アクションで保存する方法を見ました。オブジェクト指向プログラミングの原則の1つはクラスのカプセル化によるコードの再利用です。ArticleForm フォームを利用してそれぞれのアクションでファイルを保存するために使われるコードを重複させるよりも、コードを ArticleForm クラスに移動させるほうがよいやり方です。リスト4-27はファイルを保存して可能であれば既存のファイルを削除するために save() メソッドをオーバーライドする方法を示しています。

リスト4-27 - ArticleForm クラスの save() メソッドをオーバーライドする

class ArticleForm extends BaseFormPropel
{
  // ...
 
  public function save(PropelPDO $con = null)
  {
    if (file_exists($this->getObject()->getFile()))
    {
      unlink($this->getObject()->getFile());
    }
 
    $file = $this->getValue('file');
    $filename = sha1(
      $file->getOriginalName()).
      $file->getExtension(
        $file->getOriginalExtension()
       );
    $file->save(sfConfig::get('sf_upload_dir').'/'.$filename);
 
    return parent::save($con);
  }
}

コードをフォームに移動させた後、edit アクションは propel:generate-crud タスクによって初期に生成されたコードにとって理想的なものです。

sidebar

フォームのなかでモデルのコードをリファクタリングする

通常は、propel:generate-crud タスクによって生成されたアクションを修正すべきではありません。

特にフォームのシリアライズなど、アクションに追加できるロジックはモデルクラスもしくはフォームクラスに移動させなえればなりません。

アップロードされたファイルを考慮するためにフォームクラスでリファクタリングする例をちょうど調べました。モデルに関連する別の例を考えましょう。ArticleForm フォームは slug フィールドをもっています。このフィールドが潜在的にユーザーによって上書きされる title フィールドから自動的に算出されることを理解しました。このロジックはフォームに依存しません。それゆえ、次のコードが示すように、このロジックはモデルに所属します。

class Article extends BaseArticle
{
  public function save(PropelPDO $con = null)
  {
    if (!$this->getSlug())
    {
      $this->setSlugFromTitle();
    }
 
    return parent::save($con);
  }
 
  protected function setSlugFromTitle()
  {
    // ...
  }
}

これらのリファクタリングのおもな目的は、アプリケーションレイヤーの分離と、とりわけ開発の再利用性を尊重することです。

doSave() メソッドをカスタマイズする

保存に関連するそれぞれのオペレーションが正しく処理されることを保証するためにオブジェクトの保存はトランザクションの範囲内で行われたことを見ました。アップロードしたファイルを保存するために以前のセクションで行ったように save() メソッドをオーバーライドするとき、実行コードはこのトランザクションから独立しています。

リスト4-28はグローバルトランザクションにおいてアップロードしたファイルを保存するコードを挿入するために doSave() メソッドを使う方法を示しています。

リスト4-28 - ArticleForm フォームの doSave() メソッドをオーバーライドする

class ArticleForm extends BaseFormPropel
{
  // ...
 
  protected function doSave($con = null)
  {
    if (file_exists($this->getObject()->getFile()))
    {
      unlink($this->getObject()->getFile());
    }
 
    $file = $this->getValue('file');
    $filename = sha1($file->getOriginalName()).$file->getExtension($file->getOriginalExtension());
    $file->save(sfConfig::get('sf_upload_dir').'/'.$filename);
 
    return parent::doSave($con);
  }
}

doSave() メソッドは save() メソッドによって作られたトランザクションの中で呼び出されるので、file() オブジェクトの save() メソッドを呼び出した際に例外が投げられるとき、オブジェクトは保存されません。

updateObject() メソッドをカスタマイズする

ときに、データベースの更新と保存のあいだにフォームに接続するオブジェクトを修正することが必要になります。

ファイルのアップロードの例に関しては、アップロードされたファイルの絶対パスを file カラムに保存する代わりに、sfConfig::get('sf_upload_dir') ディレクトリへの相対パスを保存したい場合を考えます。

リスト4-29は自動更新の後で保存する前に file カラムの値を作るために ArticleForm フォームの updateObject() メソッドをオーバーライドする方法を示します。

リスト4-29 - updateObject() メソッドと ArticleForm クラスをオーバーライドする

class ArticleForm extends BaseFormPropel
{
  // ...
 
  public function updateObject($values = null)
  {
    $object = parent::updateObject($value);
 
    $object->setFile(str_replace(sfConfig::get('sf_upload_dir').'/', '', $object->getFile()));
 
    return $object;
  }
}

オブジェクトをデータベースに保存する前に updateObject() メソッドは doSave() メソッドによって呼び出されます。