Caution: You are browsing the legacy 1.x part of this website.
This version of symfony is not maintained anymore. If some of your projects still use this version, consider upgrading.

第14章 - Admin ジェネレーター

A Gentle Introduction to symfony

多くのアプリケーションはデータベースに保存されたデータに基づいており、それにアクセスするためのインターフェイスを提供します。symfony は Propel または Doctrine オブジェクトに基づいたデータ操作機能を提供するモジュール作成の反復タスクを自動化します。オブジェクトモデルが適切に定義したのであれば、symfony はサイト全体の管理機能 (アドミニストレーション) も自動的に生成します。この章では、Propel プラグインと Doctrine プラグインに搭載された Admin ジェネレーターをお教えします。これは完全な構文による特別な設定ファイルに依存するので、この章の多くは Admin ジェネレーターのさまざまな可能性について説明します。

モデルをもとにコードを生成する

Webアプリケーションにおいて、データアクセスオペレーションはつぎのように分類できます:

  • レコードの作成
  • レコードの検索
  • レコードの更新(とカラムの修正)
  • レコードの削除

これらのオペレーションは共通なので、頭文字をとった専用の略語である CRUD (Create、Retrieval、Update、Deletion) が存在します。多くのページはこれらの1つに還元できます。たとえばフォーラムのアプリケーションにおいて、最新投稿のリストは検索オペレーション (retrieve) で、投稿への返答は作成オペレーション (create) に対応します。

任意のテーブルに対する CRUD オペレーションを実装する基本的なアクションとテンプレートは Web アプリケーション内部で繰り返し作られます。symfony において、バックエンドインターフェイスの初期開発を加速するために、モデルレイヤーは CRUD オペレーションを生成できるようにするための十分な情報を持ちます。

データモデルの例

この章全体を通して、一覧表示機能はシンプルな例に基づいた symfony の Admin ジェネレーターの機能を示します。これによって8章を思い出すでしょう。これは2つの BlogArticle クラスと BlogComment クラスを含む、ブログアプリケーションのよく知られた例です。図14-1で描かれているように、リスト14-1はスキーマを示します。

リスト14-1 - ブログアプリケーションの Propel におけるスキーマの例

propel:
  blog_category:
    id:               ‾
    name:             varchar(255)
  blog_author:
    id:               ‾
    name:             varchar(255)
  blog_article:
    id:               ‾
    title:            varchar(255)
    content:          longvarchar
    blog_author_id:   ‾
    blog_category_id: ‾
    is_published:     boolean
    created_at:       ‾
  blog_comment:
    id:               ‾
    blog_article_id:  ‾
    author:           varchar(255)
    content:          longvarchar
    created_at:       ‾

図14-1 データモデルの例

データモデルの例

コード生成を可能にするためにスキーマ作成の期間で従わなければならない特別なルールは存在しません。symfony はスキーマをそのまま使い、管理画面を生成するためにスキーマの属性を解釈します。

tip

この章を最大限に活用するには、例で示すの内容を実際構築して試すことをおすすめします。リストで説明されたすべてのステップを眺めるのであれば、symfony が何を生成し、生成されたコードで何が行われるのかということをより理解できるようになります。モデルの初期化は、次のように propel:build タスクを実行するだけなので簡単です:

 $ php symfony propel:build --all --no-confirmation

生成された管理インターフェイスは、作業が楽になるようにいくつかのマジックメソッドに依存しています。次のように各モデルクラスに __toString() メソッドを作ってください。

class BlogAuthor extends BaseBlogAuthor
{
  public function __toString()
  {
    return $this->getName();
  }
}
 
class BlogCategory extends BaseBlogCategory
{
  public function __toString()
  {
    return $this->getName();
  }
}
 
class BlogArticle extends BaseBlogArticle
{
  public function __toString()
  {
    return $this->getTitle();
  }
}

管理画面

symfony は、バックエンドアプリケーションのために、schema.yml ファイルからのモデルクラス定義に基づいて、モジュールを作成できます。生成された Admin モジュールだけを用いてサイト全体の管理画面を作成できます。このセクションの例では、backend アプリケーションに追加される Admin モジュールを説明します。プロジェクトが backend アプリケーションを持たない場合、generate:app タスクを呼び出してスケルトンを作成します:

$ php symfony generate:app backend

Admin モジュールは generator.yml という名前の特別な設定ファイルを通してモデルを解釈します。すべての生成コンポーネントとモジュールの外見を拡張するために generator.yml ファイルを変更できます。このようなモジュールは通常のモジュールメカニズムからの恩恵を受けます (レイアウト、ルーティング、カスタム設定、オートロードなど)。独自機能を生成された管理画面に統合するために、生成されたアクションもしくはテンプレートを上書きすることもできますが、generator.yml はもっとも共通の要件を考慮して、PHP コードの使いかたを限定します。

note

たいていの要件は generator.yml 設定ファイルでカバーされますが、この章の後のほうで見るように、設定クラスを通して Admin モジュールを設定することもできます。

Admin モジュールを初期化する

モデルを基本単位として symfony コマンドで管理画面をビルドします。モジュールは propel:generate-admin タスクを使って、Propel オブジェクトまたは Doctrine オブジェクトに基づいて生成されます:

// Propel
$ php symfony propel:generate-admin backend BlogArticle --module=article

// Doctrine
$ php symfony doctrine:generate-admin backend BlogArticle --module=article

note

Admin モジュールは REST アーキテクチャに基づいています。propel:generate-admin タスクは routing.yml 設定ファイルにルートなどを自動的に追加します:

# apps/backend/config/routing.yml
article:
  class: sfPropelRouteCollection
  options:
    model:                BlogArticle
    module:               article
    with_wildcard_routes: true

独自のルートを作成しモデルクラスの名前の代わりに独自の名前を引数としてタスクに渡すこともできます:

$ php symfony propel:generate-admin backend article --module=article

この呼び出しだけで backend アプリケーションのなかに BlogArticleク ラスの定義に基づく article モジュールが作成されるので、つぎの URL からアクセスできます:

http://localhost/backend.php/article

図14-2、図14-3で描かれている生成モジュールの外見は、商用アプリケーションとしてそのまま利用できるほど十分に洗練されています。

tip

期待どおりの外見でなければ(スタイルシートと画像がない)、plugin:publish-assets タスクを実行してプロジェクトにアセットをインストールする必要があります:

$ php symfony plugin:publish-assets

図14-2 - backend アプリケーション内部の article モジュールの list ビュー

backend アプリケーション内部の article モジュールの list ビュー

図14-3 - バックエンドの article モジュールの edit ビュー

バックエンドの article モジュールの edit ビュー

生成コードを見る

apps/backend/modules/article/ ディレクトリ内の記事の管理画面のコードは初期化だけ行われたので空に見えます。このモジュールの生成コードを吟味するための最良の方法はブラウザーを利用してこれと情報のやりとりをすることと cache/ フォルダーの内容を確認することです。リスト14-2はキャッシュのなかで見つかる生成アクションとテンプレートのリストを表示します。

リスト14-2 - 生成された管理画面の要素 (cache/backend/ENV/modules/autoArticle/)

// actions/actions.class.phpのアクション
index            // テーブルのレコードのリストを表示する
filter           // リストで使われるフィルターを更新する
new              // 新しいレコードを作成するフォームを表示する
create           // 新しいレコードを作成する
edit             // レコードのフィールドを修正するフォームを表示する
update           // 既存のレコードを更新する
delete           // レコードを削除する
batch            // 選択されたレコードのリストでアクションを実行する
batchDelete      // 選択したレコードの一覧を削除するアクションを実行する

// templates/のなか
_assets.php
_filters.php
_filters_field.php
_flashes.php
_form.php
_form_actions.php
_form_field.php
_form_fieldset.php
_form_footer.php
_form_header.php
_list.php
_list_actions.php
_list_batch_actions.php
_list_field_boolean.php
_list_footer.php
_list_header.php
_list_td_actions.php
_list_td_batch_actions.php
_list_td_stacked.php
_list_td_tabular.php
_list_th_stacked.php
_list_th_tabular.php
_pagination.php
editSuccess.php
indexSuccess.php
newSuccess.php

これは生成された Admin モジュールがおもに3つのビュー、listnewedit で構成されることを示します。コードを見てみると、モジュール性が非常に高く、読みやすく拡張性のあるものであることがわかります。

generator.yml 設定ファイル入門

生成された Admin モジュールは YAML フォーマットの generator.yml 設定ファイルで見つかるパラメーターに依存します。新しく生成された Admin モジュールのデフォルト設定を見るには、リスト14-3で再現されている、backend/modules/article/config/ ディレクトリに設置された generator.yml ファイルを開いてください。

リスト14-3 - ジェネレーターのデフォルトコンフィギュレーション (backend/modules/article/config/generator.yml)

generator:
  class: sfPropelGenerator
  param:
    model_class:           BlogArticle
    theme:                 admin
    non_verbose_templates: true
    with_show:             false
    singular:              BlogArticle
    plural:                BlogArticles
    route_prefix:          blog_article
    with_propel_route:     1
    actions_base_class:    sfActions
 
    config:
      actions: ‾
      fields:  ‾
      list:    ‾
      filter:  ‾
      form:    ‾
      edit:    ‾
      new: 

このコンフィギュレーションは基本的な管理画面を生成するのに十分です。カスタマイズした内容は config キーの下に追加されます。リスト14-4は generator.yml をカスタマイズした典型例を示しています。

リスト14-4 - 典型的なジェネレーターの全設定

generator:
  class: sfPropelGenerator
  param:
    model_class:           BlogArticle
    theme:                 admin
    non_verbose_templates: true
    with_show:             false
    singular:              BlogArticle
    plural:                BlogArticles
    route_prefix:          blog_article
    with_propel_route:     1
    actions_base_class:    sfActions
 
    config:
      actions:
        _new: { label: "Create a new article" }
 
      fields:
        author_id:    { label: Article author }
        published_on: { credentials: editor }
 
      list:
        title:          Articles
        display:        [title, blog_author, blog_category]
        fields:
          published_on: { date_format: dd/MM/yy }
        layout:         stacked
        params:         |
          %%is_published%%<strong>%%=title%%</strong><br /><em>by %%blog_author%%
          in %%blog_category%% (%%created_at%%)</em><p>%%content%%</p>
        max_per_page:   2
        sort:           [title, asc]
 
      filter:
        display: [title, blog_category_id, blog_author_id, is_published]
 
      form:
        display:
          "Post":       [title, blog_category_id, content]
          "Workflow":   [blog_author_id, is_published, created_at]
        fields:
          published_at: { help: "Date of publication" }
          title:        { attributes: { style: "width: 350px" } }
 
      new:
        title: New article
 
      edit:
        title: Editing article "%%title%%"

このコンフィギュレーションでは、6つのセクションがあります。これらのうち4つはビューを表し (listfilternewedit) とこれらのうちの2つは「バーチャル」(fieldsform) で設定目的のためのみ存在します。

つぎのセクションでこの設定ファイルで利用可能なすべてのパラメーターの詳細内容を説明します。

ジェネレーターの設定

ジェネレーターの設定ファイルはとても強力で、生成された管理画面を多くの方法で変更できます。しかしこの機能には代償があります: 全体の構文の記述が読んで学ぶには長いので、文章で説明したら、この章がこの本でもっとも長くなってしまいます。ですので symfony の Web サイトはこの構文を学ぶための助けになる追加リソースを提示します: Admin ジェネレーターのチートシートが図14-7で再現されてます。/uploads/assets/sfAdminGeneratorRefCard.pdfから保存し、この章のつぎの例を読むときにこれを頭のなかにとどめておいてください。

このセクションの例は、BlogComment クラスの定義に基づいて article 管理モジュールと同様に comment 管理モジュールを調整します。propel:generate-admin タスクを実行して後者を作成します:

$ php symfony propel:generate-admin backend BlogComment --module=comment

図14-4 - Admin ジェネレーターのチートシート

Admin ジェネレーターのチートシート

フィールド

デフォルトでは、list ビューのカラムは schema.yml で定義されるカラムです。newedit ビューのフィールドはモデルに関連づけされたフォームで定義します (BlogArticleForm)。generator.yml によって、どのフィールドが表示され、どれが非表示であるかを選び、オブジェクトモデルで直接対応するものがなくても独自フィールドを追加できます。

フィールドの設定

Admin ジェネレーターは schema.yml ファイルのカラムごとに1つのフィールドを作ります。fields キーの下で、それぞれのフィールドの表示方法やフォーマット方法などを修正できます。たとえば、リスト14-5で示されるフィールドの設定は title フィールド用のカスタムラベルクラスと入力タイプ、そして content フィールド用のラベルとツールチップを定義します。つぎのセクションでそれぞれのパラメーターが動作する方法を詳細に説明します。

リスト14-5 - カラムに対してカスタムラベルを設定する

config:
  fields:
    title:
      label: Article Title
      attributes: { class: foo }
    content: { label: Body, help: Fill in the article body }

リスト14-6のように、すべてのビューに対するこのデフォルトの定義に加えて、任意のビュー (listfilterformnewedit) に対するフィールドの設定をオーバーライドできます。

リスト14-6 - ビュー単位でグローバルな設定ビューをオーバーライドする

config:
  fields:
    title:     { label: Article Title }
    content:   { label: Body }
 
  list:
    fields:
      title:   { label: Title }
 
  form:
    fields:
      content: { label: Body of the article }

これは一般的な原則です: fields キーの下のモジュール全体に対して設定される設定項目はビュー固有の領域でオーバーライドできます。オーバーライドのルールはつぎのとおりです:

  • neweditform を継承し formfields を継承します
  • listfields を継承します
  • filterfields を継承します

display 設定にフィールドを追加する

fields セクションで定義したフィールドはそれぞれのビューに対して表示、隠す、順番に並べるなど、さまざまな方法で分類できます。display キーはこの目的のために使われます。たとえば、comment モジュールのフィールドを順番に並べるには、リスト14-7のコードを使います。

リスト14-7 - 表示フィールドを選択する (modules/comment/config/generator.yml)

config:
  fields:
    article_id: { label: Article }
    created_at: { label: Published on }
    content:    { label: Body }
 
  list:
    display:    [id, blog_article_id, content]
 
  form:
    display:
      NONE:     [blog_article_id]
      Editable: [author, content, created_at]

図14-5のように list は3つのカラムを表示し、図14-6のように、newedit フォームは2つのグループに集められた4つのフィールドを表示します。

図14-5 - comment モジュールの list ビュー内部のカスタムカラム設定

comment モジュールの list ビュー内部のカスタムカラム設定

図14-6 - comment モジュールの edit ビュー内部でフィールドを分類する

comment モジュールの edit ビュー内でフィールドを分類する

display 設定を2つの方法で利用できます:

  • list ビューに対して: 表示するカラムと表示される順序を選ぶために単純な配列にフィールドを置きます。
  • formnewedit ビューに対して: グループの名前をキーとするフィールドをグループ分けするのに連想配列、もしくは名前のないグループに対して NONE を使います。値はカラムの名前で並べ替えられた配列のままです。フォームクラスに参照されるすべての必須フィールドの一覧を表示することには注意を払ってください。さもないと予期せぬバリデーションエラーに遭遇するかもしれません(第10章を参照してください)。

カスタムフィールド

当然のことながら、generator.yml で設定されたフィールドはスキーマで定義された実際のカラムに対応している必要はありません。関連クラスがカスタムゲッターを提供する場合、これを list ビューのためのフィールドとして使うことができます; ゲッターかつ/もしくはセッターが存在する場合、このクラスは edit ビューでも利用できます。たとえば、リスト14-8のように、BlogArticle モデルを getNbComments() メソッドで拡張できます。

リスト14-8 - モデルにカスタムゲッターを追加する (lib/model/BlogArticle.class.php)

public function getNbComments()
{
  return $this->countBlogComments();
}

リスト14-9のように、nb_comments は生成するモジュールでフィールドとして利用できます (ゲッターではフィールド名にキャメルケースを使っていることに注意してください)。

リスト14-9 - カスタムゲッターで管理モジュール用のカラムを提供する (backend/modules/article/config/generator.yml)

config:
  list:
    display:  [title, blog_author, blog_category, nb_comments]

article モジュールの list ビューは図14-7のようになります

図14-7 - article モジュールの list ビュー内のカスタムフィールド

article モジュールの list ビュー内部のカスタムフィールド

パーシャルフィールド

モデルに設置されたコードはプレゼンテーションから独立していなければなりません。前出の getArticleLink() メソッドの例はレイヤー分離の原則を順守していません。ビューコードのなかにはモデルレイヤーに現れるものがあるからです。また、前出のコードではデフォルトではエスケープされた <a> タグとして表示されてしまうでしょう。正しい方法で、同じ結果を実現するには、カスタムフィールドに対応する HTML を出力するコードはパーシャルテンプレートで対応するほうがベターです。幸い、Admin ジェネレーターによってアンダースコアのプレフィックスを持つフィールド名を宣言できます。この場合、リスト14-11の generator.yml ファイルはリスト14-12のように修正されます。

リスト14-12 - パーシャルを追加カラムとして使うには、プレフィックスに _ を指定する

config:
  list:
    display: [id, _article_link, created_at]

これを機能させるには、リスト14-13で示す内容で、modules/comment/tempaltes/ ディレクトリに _article_link.php パーシャルを作る必要があります。

リスト14-13 - list ビュー用のパーシャルテンプレートの例 (modules/comment/templates/_article_link.php)

<?php echo link_to($BlogComment->getBlogArticle()->getTitle(), 'blog_article_edit', $BlogComment->getBlogArticle()) ?> 

パーシャルフィールドのテンプレートでは、特定の名前の変数で現在のオブジェクトにアクセスできる必要があります(この例では $BlogComment)。

Figure 14-8 - article モジュールの list ビュー内のパーシャルフィールド

articleモジュールのlistビュー内のパーシャルフィールド

レイヤー分離の原則が順守されます。この原則に慣れたら、アプリケーションのメンテナンスが容易になります。

パーシャルフィールドのパラメーターをカスタマイズする必要がある場合、fields キーの下で通常のフィールドと同じ事を行います。アンダースコア (_) をキーの先頭に含めないでください。リスト14-14をご覧ください。

リスト14-14 - パーシャルフィールドのプロパティは fields キーの下でカスタマイズできる

config:
  fields:
    article_link: { label: Article }

パーシャルにロジックが混在するようになったら、コンポーネントに置き換えることをおすすめします。リスト14-15のように、プレフィックスの _ に変更することで、コンポーネントフィールドを定義できます。

リスト14-15 - コンポーネントを追加カラムとして利用する。プレフィックスに を使う

config:
  list:
    display: [id, ‾article_link, created_at]

このようにすると、生成するテンプレートで現在のモジュールの articleLink コンポーネントが呼び出されます。

note

カスタムフィールドとパーシャルフィールドは listneweditfilter ビューで使うことができます。複数のビューに対して同じパーシャルを使う場合、コンテキスト (listnewedit もしくは filter) は変数 $type に保存されます。

ビューのカスタマイズ

neweditlist ビューの外見を変更するために、テンプレートを変更したいと思うことがあります。しかしこれらは自動的に生成されるので、生成されたテンプレートを変更するのはあまりよいアイデアではありません。代わりに generator.yml 設定ファイルを使うべきです。モジュール性を損なうことなく、ほとんどすべての必要なことを行えるからです。

ビューのタイトルを変更する

フィールドのカスタムセットに加えて、listnewedit ページはカスタムページタイトルを持ちます。たとえば、article ビューのタイトルをカスタマイズしたい場合、リスト14-16のように行います。edit ビューの結果は図14-9に描かれています

リスト14-16 - それぞれのビューに対してカスタムタイトルを設定する (backend/modules/article/config/generator.yml)

config:
  list:
    title: List of Articles
 
  new:
    title: New Article
 
  edit:
    title: Edit Article %%title%% (%%id%%)

図14-9 - article モジュールの edit ビュー内のカスタムタイトル

article モジュールの edit ビュー内のカスタムタイトル

デフォルトのタイトルはクラスの名前を使うので、モデルが明白なクラスの名前を使うのであれば、これらのクラス名で十分であることはよくあります。

tip

generator.yml の文字列の値において、フィールドの値は %% で囲まれたフィールドの名前を通してアクセスできます。

ツールチップを追加する

listneweditfilter ビュー内部において、表示されるフィールドを記述するための助けになるツールチップを追加できます。たとえば、ツールチップを comment モジュールの edit ビューの blog_article_id フィールドに追加するには、リスト14-17のように、fields の定義に help プロパティを追加します。結果は図14-10に示されています。

リスト14-17 - edit ビューでツールチップを設定する (modules/comment/config/generator.yml)

config:
  edit:
    fields:
      blog_article_id: { help: The current comment relates to this article }

図14-10 - comment モジュールの edit ビュー内のツールチップ

comment モジュールの edit ビュー内のツールチップ

list ビューにおいて、ツールチップはカラムのヘッダーに表示されます; neweditfilter ビューにおいてこれらは field タグの下で現れます。

日付の書式を修正する

リスト14-18でお手本が示されているように、date_format オプションを使うことで同時にカスタム書式で日付を表示できます。

リスト14-18 list ビューのなかで日付の書式設定をする

config:
  list:
    fields:
      created_at: { label: Published, date_format: dd/MM }

このパラメーターは以前の章で説明された format_date() ヘルパーと同じフォーマットパラメーターを受けとります。

sidebar

管理画面のテンプレートは国際化の準備ができています

admin で生成されたモジュールはインターフェイスの文字列 (デフォルトのアクションの名前、ページ分割のヘルプメッセージ、・・・) とカスタム文字列 (タイトル、カラムのラベル、ヘルプメッセージ、エラーメッセージ、・・・) で構成されます。

インターフェイスの文字列の多言語翻訳機能はsymfonyに搭載されています。しかし独自のものを追加するか sf_admin カタログ (apps/frontend/i18n/sf_admin.XX.xmlXX は言語のISOコード) 用の i18n ディレクトリでカスタムXLIFFファイルを作成することで既存のものをオーバーライドできます

生成されたテンプレートで見つかるすべてのカスタム文字列も自動的に国際化されます (すなわち、__()ヘルパーへの呼び出しと一緒に)。このことは前の章で説明したように、apps/frontend/i18n/ ディレクトリで XLIFF ファイルにフレーズの翻訳を追加することで、生成された管理画面を簡単に翻訳できることを意味します。

i18n_catalogue パラメーターを指定することでカスタム文字列用に使われるデフォルトのカタログを変更できます:

generator:
  class: sfPropelGenerator
  param:
    i18n_catalogue: admin

list ビュー固有のカスタマイゼーション

list ビューは、表形式、もしくはすべての詳細な内容が一行に積み重ねられた状態で、レコードの詳細を表示できます。これはフィルター、ページ分割とソート機能も含みます。これらの機能は設定によって変更できます。詳細はつぎのセクションで説明します。

レイアウトを変更する

デフォルトでは、list ビューと edit ビュー間のハイパーリンクは主キーのカラムによって生成されます。図14-8に戻ると、コメントリストの id カラムがそれぞれのコメントの主キーを表示するだけでなく、ユーザーが edit ビューにアクセスすることを許可するハイパーリンクを提供します。

別のカラムに現れるレコードの詳細内容へのハイパーリンクが望ましいのであれば、display キーの等号 (=) をプレフィックスとしてカラムの名前に追加します。リスト14-19は list コメントの表示フィールドから id を除去して代わりに content フィールドにハイパーリンクを置く方法を示しています。図14-11のスクリーンショットを確認してください。

リスト14-19 - edit ビューのためのハイパーリンクを list ビューに移動させる (modules/comment/config/gererator.yml)

config:
  list:
    display: [_article_link, =content]

図14-11 - comment モジュールの list ビューのなかで、リンクを別のカラム上の edit ビューに移動させる

comment モジュールの list ビュー内で、リンクを別のカラム上の edit ビューに移動させる

デフォルトでは、以前示されたように、list ビューはフィールドがカラムとして表示されるtabularレイアウトを使います。しかし stacked レイアウトを使ってフィールドをテーブルの全長を詳しく記述する単独の文字列に連結することもできます。stacked レイアウトを選ぶ場合、params キーにリストのそれぞれの行の値を定義するパターンを組み込まなければなりません。たとえば、リスト14-20は comment モジュールの list ビューに対して stacked レイヤーを定義します。結果は図14-12です。

リスト14-20 - list ビューで stacked レイアウトを使う (modules/comment/cofig/generator.yml)

config:
  list:
    layout:  stacked
    params:  |
      %%=content%%<br />
      (sent by %%author%% on %%created_at%% about %%_article_link%%)
    display:  [created_at, author, content]

図14-12 - comment モジュールの list ビュー内のスタックレイアウト

comment モジュールの list ビュー内のスタックレイアウト

tabular レイアウトは display キーの下でフィールドの配列を必要としますが、stacked レイアウトはそれぞれのレコードに対して生成された HTML コードのために params キーを使うことに留意してください。しかしながら、インタラクティブなソートに対して利用できるカラムヘッダーを決定するために display 配列が stacked レイアウトでも使われます

結果をフィルタリングする

list ビューにおいて、フィルターのインタラクションのセットを追加できます。これらのフィルターによって、ユーザーは結果をより少なく表示して速く望むものに到達できます。フィールド名の配列で、filter キーの下にフィルターを設定します。たとえば、図14-13のフィルターボックスと同じようなものを表示するには、リスト14-21のように、blog_article_idauthor フィールドと created_at フィールド上のフィルターをコメントのlist ビューに追加します。

リスト14-21 - list ビューでフィルターを設定する (modules/comment/config/generator.yml)

config:
  list:
    layout:  stacked
    params:  |
      %%=content%% <br />
      (sent by %%author%% on %%created_at%% about %%_article_link%%)
    display:  [created_at, author, content]
 
  filter:
    display: [blog_article_id, author, created_at]

図14-13 - comment モジュールの list ビュー内のフィルター

comment モジュールの list ビュー内のフィルター

symfony に表示されるフィルターはスキーマで定義されるカラムの型に依存し、フィルターフォームクラスでカスタマイズできます:

  • テキストカラム (たとえば comment モジュール内の author フィールド) に対して、フィルターはテキストベースの検索を可能にするテキスト入力です (ワイルドカードが自動的に追加).
  • 外部キー (たとえば comment モジュール内部の blog_article_id フィールドのリスト) に対して、フィルターは関連するテーブルのレコードのドロップダウンリストです。デフォルトでは、ドロップダウンリストのオプションは関連するクラスの __toString() メソッドによって返されるものです。
  • 日付のカラム (たとえば comment カラム内の created_atフィールド) に対して、フィルターはリッチな日付タグのペアで、時間の間隔を選択できるようにします。
  • ブール型のカラムに対して、フィルターは truefalsetrue or false オプションを持つドロップダウンリストです。最後の値はフィルターを再初期化します。

newedit ビューがフォームクラスに結びつけられているように、モデルに関連するデフォルトのフィルターフォームクラスです (たとえば BlogArticle モデルに対して BlogArticleFormFilter)。フィルターフォームに対してカスタムクラスを定義することで、フォームフレームワークの力を活用しすべての利用可能なフィルターウィジェットを使うことでフィルターフィールドをカスタマイズできます。リスト14-22で示されるように、filter エントリーの下で class を定義することで簡単に実現できます。

リスト14-22 - フィルタリングに使われるフォームクラスをカスタマイズする

config:
  filter:
    class: BackendArticleFormFilter

tip

フィルターを一緒に無効にするには、フィルター用の classfalse を指定するだけです。

フィルターを修正するためにパーシャルフィルターも使うことができます。それぞれのパーシャルはフォームをレンダリングするさいに form と HTMLの attributes を受けとります。リスト14-23はパーシャル以外のデフォルトのふるまいを模倣する実装の例を示しています。

リスト14-23 - パーシャルフィルターを使う

// templates/_state.php で、パーシャルを定義する
<?php echo $form[$name]->render($attributes->getRawValue()) ?>
 
// config/generator.yml でパーシャルフィルターをリストに追加する
config:
  filter: [created_at, _state]

リストをソートする

list ビューにおいて、図14-18で示されるように、テーブルのヘッダーはリストを再び順番に並べるために使われるハイパーリンクです。これらのヘッダーは tabular レイアウトと stacked レイアウトの両方で表示されます。これらのリンクをクリックするとリストの順番を再配置する sort パラメーターでページがリロードされます。

図14-14 - list ビューのテーブルヘッダーはソートをコントロールする

list ビューのテーブルヘッダーはソートはコントロールする

あるひとつのカラムによってソートされたリストを直接指定する構文を再利用できます:

<?php echo link_to('日付ごとのコメントのリスト', '@blog_comment?sort=created_at&sort_type=desc' ) ?>

generator.yml ファイル内部の list ビューに対して直接デフォルトの sort の順番を定義することも可能です。構文はリスト14-24で示された例に従います。

リスト14-24 - list ビューのなかでデフォルトの sort フィールドを設定する

config:
  list:
    sort:   created_at
    # ソートの順序を指定するための、代替構文
    sort:   [created_at, desc]

note

実際のカラムに対応するフィールドだけが、ソートのコントロール機能に変換されます。カスタムもしくはパーシャルフィールドには対応していません。

パジネーションをカスタマイズする

生成された管理画面は大きなテーブルさえも効率的に処理します。list ビューがデフォルトでパジネーションを使うからです。テーブル内の実際の行の数がページごとの行の最大数を越える場合、パジネーションのコントロール機能がリスト下部に表示されます。たとえば、図14-15はテーブルに 6 件のテストコメントがあるリストで、1 ページに表示するのは 5 件に制限されています。パジネーションにより、表示される行のみがデータベースから効率的に抽出されるのでパフォーマンスが保証され、管理モジュールによって何百万行もあるテーブルを管理できるのでユーザービリティが保証されます。

図14-15 - 長いリストでパジネーションのコントロール機能が表示される

長いリストでパジネーションのコントロール機能が表示される

max_per_page パラメーターによってそれぞれのページに表示されるレコードの数をカスタマイズできます:

config:
  list:
    max_per_page:   5

ページの表示を高速化するために Join を使う

デフォルトでは、Admin ジェネレーターはdoSelect() を使ってレコードのリストを取得します。しかし、リストで関連オブジェクトを使う場合、リストを表示するために必要なデータベースクエリの数が急に増えることがあります。たとえば、コメントのリストで記事の名前を表示したい場合、関連する BlogArticle オブジェクトを検索するためにリスト内のそれぞれの投稿に対する追加クエリが必要です。ですので、クエリの数を最適化するために、doSelectJoinXXX() メソッドを使うページャーを強制したい場合があるかもしれません。これは peer_method パラメーターで指定できます。

config:
  list:
    peer_method: doSelectJoinBlogArticle

18章では Join の概念についてより広範囲に説明します。

new と edit ビュー固有のカスタマイズ

new もしくは edit ビューにおいて、ユーザーは新しいレコードもしくは渡されたレコードに対してそれぞれのカラムの値を修正できます。デフォルトでは、admin ジェネレーターで使われるフォームはモデル: BlogArticle モデルに対して BlogArticleForm に関連するフォームです。リスト14-25で示されるように form エントリーの下で class を定義することで使うクラスをカスタマイズできます。

リスト14-25 - newedit ビューに使われるフォームクラスをカスタマイズする

config:
  form:
    class: BackendBlogArticleForm

カスタムフォームクラスを利用することで admin ジェネレーター用のウィジェットとバリデーターすべてをカスタマイズできます。frontend アプリケーションに対してデフォルトのフォームクラスが使われ特別にカスタマイズされます。

リスト14-26で示されるように generator.yml 設定ファイルでラベル、ヘルプメッセージ、とフォームのレイアウトを直接カスタマイズすることもできます。

リスト14-26 - フォーム表示をカスタマイズする

config:
  form:
    display:
      NONE:     [article_id]
      Editable: [author, content, created_at]
    fields:
      content:  { label: body, help: "The content can be in the Markdown format" }

パーシャルフィールドを扱う

パーシャルフィールドは list ビューのように newedit ビューで扱えます。

外部キーを扱う

スキーマがテーブルのリレーションを定義する場合、生成された Admin モジュールはこれを活用して、より自動化されたコントロール方法を提供するので、リレーションの管理作業が大いに簡略化されます。

一対多のリレーション

1対多のテーブルのリレーションは Admin ジェネレーターによって考慮されます。以前の図14-1で記述されたように、blog_comment テーブルは blog_article_id フィールドを通して blog_article テーブルとの関係を持ちます。BlogComment クラスのモジュールを Admin ジェネレーターによって初期化する場合、edit ビューは blog_article テーブル内の利用可能なレコードの ID を示す blog_article_id をドロップダウンリストとして表示します (説明図は図14-9を再度確認)。

article モジュール(多対一のリレーション)内の記事に関連するコメントのリストを表示する場合も同様です。

多対多のリレーション

symfony は図14-16で示されるように多対多のリレーションも考慮します。

図14-16 - 多対多のリレーション

多対多のリレーション

リレーションをレンダリングするために使われるウィジェットをカスタマイズすることで、フィールドのレンダリングを調整できます(図14-17で説明):

図14-17 - 多対多のリレーションに対して利用できるコントロール機能

多対多のリレーションに対して利用できるコントロール機能

インタラクションを追加する

Admin モジュールはユーザーが通常のCRUDオペレーションを実行できるようにしますが、ビューに対して独自のインタラクションを追加するもしくは可能なインタラクションを制限することもできます。たとえば、リスト14-27で示されているインタラクションを定義することで article モジュール上のすべての CRUD アクションにデフォルトでアクセスできるようになります。

リスト14-27 - それぞれのビューに対してインタラクションを定義する (backend/modules/article/config/generator.yml)

config:
  list:
    title:          List of Articles
    object_actions:
      _edit:         ‾
      _delete:       ‾
    batch_actions:
      _delete:       ‾
    actions:
      _new:          ‾
 
  edit:
    title:          Body of article %%title%%
    actions:
      _delete:       ‾
      _list:         ‾
      _save:         ‾
      _save_and_add: ‾

list ビューにおいて、アクションの設定が3つ存在します: すべてのオブジェクトに対して利用可能なアクション (object_actions)、オブジェクトの選択に対して利用可能なアクション (batch_actions)、ページ全体に対して利用可能なアクション (actions) です。リスト14-27で定義されたリストのインタラクションは図14-18のようにレンダリングします。それぞれの行はレコードを編集するためのボタンとレコードを削除するためのボタン、それらに加えて、レコードの選択を削除するためにそれぞれの行の上に1つのチェックボックスを表示します。リストの一番下で、1つのボタンによって新しいレコードを作ることができます。

図14-18 - list ビュー内のインタラクション

list ビュー内のインタラクション

newedit ビューにおいて、一度に編集されるレコードは1つだけであり、(actions のもとで) 定義するアクションのセットは1つだけです。リスト14-27で定義された edit インタラクションは図14-23のようにレンダリングされます。save アクションと save_and_add アクションは現在の編集をレコードに保存します。これらのアクションの違いは、save アクションは保存したあとで現在のレコード上に edit ビューを表示するのに対して、save_adn_add アクションは別のレコードを追加するために new ビューを表示することです。save_and_add アクションは続けざまに多くのレコードを追加するときに非常に便利なショートカットです。delete アクションの位置に関しては、これはほかのボタンから分離されているので、ユーザーが誤ってクリックすることはありません。

アンダースコア (_) で始まるインタラクション名は symfony に対してこれらのアクションに対応するデフォルトのアイコンとアクションを使うように伝えます。Admin ジェネレーターは _edit_delete_new_list_save_save_and_add_create を理解します。

図14-19 - edit ビュー内のインタラクション

edit ビュー内のインタラクション

しかしカスタムインタラクションを追加することもできます。この場合リスト14-28で示されるように、アンダースコアで始まらない名前、と現在のモジュールのなかのターゲットのアクションを指定しなければなりません。

リスト14-28 - カスタムインタラクションを定義する

list:
  title:          List of Articles
  object_actions:
    _edit:        -
    _delete:      -
    addcomment:   { label: Add a comment, action: addComment }

図14-20で示されるように、リストにおけるそれぞれのアクションは Add a comment リンクを表示します。これをクリックすることで現在のモジュール内で addComment アクションを呼び出すことが行われます。現在のオブジェクトの主キーはリクエストパラメーターに自動的に追加されます。

図14-20 - list ビュー内部のカスタムインタラクション

list ビュー内のカスタムインタラクション

addComment アクションはリスト14-29のように実装できます。

リスト14-29 - カスタムインタラクションアクション (actions/actions.class.php)

public function executeAddComment($request)
{
  $comment = new BlogComment();
  $comment->setArticleId($request->getParameter('id'));
  $comment->save();
 
  $this->redirect('blog_comment_edit', $comment);
}

バッチスクリプトは ids リクエストパラメーターのなかで選択されたレコードの主キーの配列を受けとります。

アクションについて最後の一言です: あるカテゴリのためにアクションを完全に抑制したい場合、リスト14-30で示されるように、空のリストを使います。

リスト14-30 - list ビューのすべてのアクションを除去する

config:
  list:
    title:   List of Articles
    actions: {}

フォームのバリデーション

バリデーションは newedit ビューで使われるフォームを自動的に考慮します。対応するフォームクラスを編集することでこのフォームをカスタマイズできます。

クレデンシャルを利用してユーザーのアクションを制限する

特定の Admin モジュールに対して、利用可能なフィールドとインタラクションはログインユーザーのクレデンシャルによって変化します (symfony のセキュリティ機能の説明に関しては6章を参照)。

適切なクレデンシャルを持つユーザーのみに対して表示されるようにするためにジェネレーター内部のフィールドは credentials パラメーターを考慮に入れます。これは listエントリーに対して機能します。加えて、ジェネレーターはクレデンシャルにしたがってインタラクションも隠すことができます。リスト14-31はこれらの機能のお手本を示しています。

リスト14-31 - クレデンシャルを使う (generator.yml)

config:
  # adminクレデンシャルを持つユーザーに対してのみidカラムは表示される
  list:
    title:          List of Articles
    display:        [id, =title, content, nb_comments]
    fields:
      id:           { credentials: [admin] }
 
  # addcommentインタラクションはadminクレデンシャルを持つユーザーに制限される
  actions:
    addcomment: { credentials: [admin] }

生成モジュールのプレゼンテーションを修正する

独自のスタイルシートを適用するだけでなく、デフォルトのテンプレートで上書きすることで、生成されたモジュールのプレゼンテーションが既存のグラフィカルな表にマッチするように、そのモジュールを修正できます。

カスタムスタイルシートを使う

生成された HTML コードは構造化された内容を持つので、プレゼンテーションであなたが望むことを大いに行うことができます。

リスト14-32で示されるように、css パラメーターを生成されたジェネレーターの設定に追加することで、Admin モジュールに対して、デフォルトの代わりにカスタム CSS を定義できます。

リスト14-32 - デフォルトの代わりにカスタムスタイルシートを使う

generator:
  class: sfPropelGenerator
  param:
    model_class:           BlogArticle
    theme:                 admin
    non_verbose_templates: true
    with_show:             false
    singular:              BlogArticle
    plural:                BlogArticles
    route_prefix:          blog_article
    with_propel_route:     1
    actions_base_class:    sfActions
    css:                   mystylesheet

もう一つの方法として、ビュー単位でスタイルを上書きするためにモジュールの view.yml によって提供されるメカニズムも利用できます。

カスタムヘッダーとフッターを生成する

listnewedit ビューはヘッダーとフッター部分テンプレートを系統的に含むことができます。Admin モジュールの templates/ ディレクトリのなかにはそのような部分テンプレートは存在しませんが、部分テンプレートを自動的にインクルードするには以下の名前の1つを追加する必要があります:

_list_header.php
_list_footer.php
_form_header.php
_form_footer.php

たとえば、カスタムヘッダーを article/edit ビューに追加したい場合、リスト14-33のように _form_header.php という名前のファイルを作ります。これは追加の設定なしで動作します。

リスト14-33 - edit ヘッダーパーシャルの例 (modules/article/templates/_form_header.php)

<?php if ($blog_article->getNbComments() > 0): ?>
  <h2>この記事には<?php echo $blog_article->getNbComments() ?>件のコメントがあります</h2>
<?php endif; ?>

edit 部分テンプレートはクラスによって命名された変数を通していつでも現在のオブジェクトにアクセス可能で、list 部分テンプレートは $pager 変数を通していつでも現在のページャーにアクセスできることに留意してください。

テーマをカスタマイズする

カスタム要件を満たすために、モジュールの templates/ フォルダーのなかでオーバーライド可能でフレームワークから継承された別の部分テンプレートが存在します。

ジェネレーターのテンプレートは個別に上書きできる小さな部分に分割可能で、アクションは一つずつ変更できます。

しかしながら、同じ方法でいくつかのモジュールに対してこれらを上書きしたいのであれば、おそらくは再利用可能なテーマを作るべきです。テーマ (theme) はテンプレートとアクションのサブセットで、generator.yml の始めでテーマの値に指定された場合、Admin モジュールのなかで使えます。デフォルトのテーマと一緒に、symfony は $sf_symfony_lib_dir/plugins/sfPropelPlugin/data/generator/sfPropelModule/admin/ で定義されたファイルを使います。

テーマのファイルは data/generator/sfPropelModule/[theme_name]/ ディレクトリ内部の、プロジェクトのツリー構造に設置しなければならず、デフォルトのテーマからオーバーライドしたいファイルをコピーすることで新しいテーマを使い始めることができます ($sf_symfony_lib_dir/plugins/sfPropelPlugin/data/generator/sfPropelModule/admin/ ディレクトリに設置されます):

// [theme_name]/template/templates/ のパーシャル
_assets.php
_filters.php
_filters_field.php
_flashes.php
_form.php
_form_actions.php
_form_field.php
_form_fieldset.php
_form_footer.php
_form_header.php
_list.php
_list_actions.php
_list_batch_actions.php
_list_field_boolean.php
_list_footer.php
_list_header.php
_list_td_actions.php
_list_td_batch_actions.php
_list_td_stacked.php
_list_td_tabular.php
_list_th_stacked.php
_list_th_tabular.php
_pagination.php
editSuccess.php
indexSuccess.php
newSuccess.php

// [theme_name]/parts のアクション
actionsConfiguration.php
batchAction.php
configuration.php
createAction.php
deleteAction.php
editAction.php
fieldsConfiguration.php
filterAction.php
filtersAction.php
filtersConfiguration.php
indexAction.php
newAction.php
paginationAction.php
paginationConfiguration.php
processFormAction.php
sortingAction.php
sortingConfiguration.php
updateAction.php

テンプレートファイルは実際にはテンプレートのテンプレート (templates of templates) であることに注意してください。すなわち、PHP ファイルはジェネレーターの設定に基づくテンプレートを生成する特別なユーティリティによって解析されます (これはコンパイレーションフェーズ (compilation phase) と呼ばれます)。生成テンプレートが実際にブラウジングしている間に実行されるPHPコードを含まなければならないので、テンプレートのテンプレートは最初のパスの間に PHP コードを実行しないようにするために代替構文を使います。リスト14-34はデフォルトのテンプレートのテンプレートの抜粋です。

リスト14-34 - テンプレートのテンプレートの構文

<h1>[?php echo <?php echo $this->getI18NString('edit.title') ?> ?]</h1>
 
[?php include_partial('<?php echo $this->getModuleName() ?>/flashes') ?]

このリストにおいて、(コンパイル時に) <? によって導入されたPHPコードは即座に実行され、[?によって導入されたものは実行時のみに実行されますが、テンプレートエンジンは最後には [? タグを <? タグに変換するのでテンプレートの結果はつぎのようになります:

<h1><?php echo __('List of all Articles') ?></h1>
 
<?php include_partial('article/flashes') ?>

テンプレートのテンプレートは扱いにくいので、独自のテーマを作りたい場合、もっともお勧めすることは admin テーマから始め、少しずつ修正し、こまめにテストすることです。

tip

ジェネレーターのテーマをプラグインのパッケージにすることができるので、再利用性が高くなり、複数のアプリケーションにまたがってデプロイすることが簡単になります。詳細な情報は17章を参照してください。

sidebar

独自のジェネレーターを開発する

Admin ジェネレーターは symfony の内部コンポーネントのセットを使います。内部コンポーネントはキャッシュ内部に生成されたアクションとテンプレート、テーマの使用、テンプレートのテンプレートの解析を自動化します。

このことは symfony が既存のジェネレーターとは似ているもしくは完全に異なる独自のジェネレーターを作るためのすべてのツールを提供することを意味します。モジュールの生成は sfGeneratorManager クラスの generate() メソッドで管理されます。たとえば、管理画面を生成するために、symfony は内部でつぎのコードを呼び出します:

$manager = new sfGeneratorManager();
$data = $manager->generate('sfPropelGenerator', $parameters);

独自のジェネレーターを開発したい場合、sfGeneratorManeger クラスと sfGenerator クラスの API ドキュメントを見て、sfModelGenerator クラスと sfPropelGenerator クラスを例としてください。

まとめ

バックエンドのアプリケーションを自動的に生成したい場合、基本はよく定義されたスキーマとオブジェクトモデルです。管理画面のカスタマイズによって生成されたモジュールのカスタマイズの大半は設定を通して行われます。

generator.ymlファイルは生成されたバックエンドのプログラミングにおいて中心的な役割を果たします。このファイルによって内容、機能、listnewedit ビューの見た目を完全にカスタマイズできます。また PHP コードを一行も書かずに、フィールドラベル、ツールチップ、フィルター、ソートの順番、ページのサイズ、入力タイプ、外部のリレーション、カスタムインタラクション、とクレデンシャルを YAML で直接管理できます。

Admin ジェネレーターが必要な機能をネイティブにサポートしない場合、アクションをオーバーライドする部分テンプレートフィールドと機能は完全な拡張性を提供します。それに加えて、テーマのメカニズムのおかげで、Admin ジェネレーターのメカニズムへの適合方法を再利用できます。