ステップ 27: SPAサイトをビルドする

5.0 version
Maintained

SPAサイトをビルドする

コメントのほとんどはカンファレンスの開催中に投稿されでしょう。参加者がノートパソコンを持ってきていなくてもスマートフォンは持っているでしょうから、そこから投稿することがあります。カンファレンスのコメントをチェックするモバイルアプリを作成してみましょう。

モバイルアプリを作成するのに JavaScript で SPA サイトを作ることがあります。 SPA はローカルで動き、ローカルストレージの使用、リモート HTTP API の呼び出し、そして、ネイティブに近いサービスワーカーの恩恵を受けることができます。

アプリケーションを作成する

PreactSymfony Encore を使用して、モバイルアプリケーションを作成します。Preact は小さく効率的な出発点で、ゲストブックSPAに最適です。

Webサイトと SPA の整合性を保つために、Webサイトの Sass スタイルシートをモバイルアプリケーションにも再利用します。

spa ディレクトリ以下にSPA アプリケーションを作成し、Webサイトのスタイルシートをコピーしてください:

1
2
3
$ mkdir -p spa/src spa/public spa/assets/css
$ cp assets/css/*.scss spa/assets/css/
$ cd spa

注釈

既に、SPA にブラウザから主に参照される public ディレクトリを作成してありますが、モバイルアプリケーションのみ用でしたら、 build と名前を変えることもできます。

package.json ファイルを初期化してください( composer.json の JavaScript 版のようなものです ):

1
$ yarn init -y

ここで必要な依存パッケージを追加しましょう:

1
$ yarn add @symfony/webpack-encore @babel/core @babel/preset-env babel-preset-preact preact html-webpack-plugin bootstrap

さらに、 .gitignore も追加しておきましょう:

.gitignore
1
2
3
4
5
/node_modules
/public
/yarn-error.log
# used later by Cordova
/app

最後のステップとして、 Webpack の Encore の設定を作成しておきます:

webpack.config.js
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
const Encore = require('@symfony/webpack-encore');
const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');

Encore
    .setOutputPath('public/')
    .setPublicPath('/')
    .cleanupOutputBeforeBuild()
    .addEntry('app', './src/app.js')
    .enablePreactPreset()
    .enableSingleRuntimeChunk()
    .addPlugin(new HtmlWebpackPlugin({ template: 'src/index.ejs', alwaysWriteToDisk: true }))
;

module.exports = Encore.getWebpackConfig();

SPAのメインテンプレートを作成する

Preact がアプリケーションをレンダリングする最初のテンプレートを作成しましょう:

src/index.ejs
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="msapplication-tap-highlight" content="no" />
    <meta name="viewport" content="user-scalable=no, initial-scale=1, maximum-scale=1, minimum-scale=1, width=device-width" />

    <title>Conference Guestbook application</title>
</head>
<body>
    <div id="app"></div>
</body>
</html>

アプリケーションが入ることになる <div> タグは、JavaScript によって表示されます。これが "Hello World" と表示するコードの最初のバージョンです:

src/app.js
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
import {h, render} from 'preact';

function App() {
    return (
        <div>
            Hello world!
        </div>
    )
}

render(<App />, document.getElementById('app'));

最後の行で、HTML ページの #app 要素に App() 関数を登録します。

これで準備ができました!

SPA サイトをブラウザで動かす

このアプリケーションはメインのWebサイトには依存していないので、別の Webサーバーで動かす必要があります:

1
$ symfony server:stop
1
$ symfony server:start -d --passthru=index.html

--passthru フラグを付けて、すべての HTTP リクエストを public/index.html ファイルへ渡すように Webサーバーに伝えます(public/ はWebサーバーのデフォルトの Webルートディレクトリです)。このページは、 Preact アプリケーションによって管理され、 "ブラウザ" の履歴からページをレンダリングします。

yarn を実行してCSS と JavaScript ファイルをコンパイルしてください:

1
$ yarn encore dev

SPAサイトをブラウザで開いてください:

1
$ symfony open:local

そして、hello world SPA と見えるか確認してください:

状態をハンドルするルーターを追加する

まだ、SPA は異なるページを扱うことができません。複数のページを実装するには、 Symfony のようなルーター機能が必要です。 preact-router を使用することにしましょう。 入力から URL を受け取り、 対応する Preact コンポーネントを表示します。

preact-router をインストールしてください:

1
$ yarn add preact-router

Preact コンポーネント のホームページ用のページを作成してください:

src/pages/home.js
1
2
3
4
5
6
7
import {h} from 'preact';

export default function Home() {
    return (
        <div>Home</div>
    );
};

カンファレンスページも作成してください:

src/pages/conference.js
1
2
3
4
5
6
7
import {h} from 'preact';

export default function Conference() {
    return (
        <div>Conference</div>
    );
};

"Hello World" の divRouter コンポーネントに書き換えてください:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
--- a/src/app.js
+++ b/src/app.js
@@ -1,9 +1,22 @@
 import {h, render} from 'preact';
+import {Router, Link} from 'preact-router';
+
+import Home from './pages/home';
+import Conference from './pages/conference';

 function App() {
     return (
         <div>
-            Hello world!
+            <header>
+                <Link href="/">Home</Link>
+                <br />
+                <Link href="/conference/amsterdam2019">Amsterdam 2019</Link>
+            </header>
+
+            <Router>
+                <Home path="/" />
+                <Conference path="/conference/:slug" />
+            </Router>
         </div>
     )
 }

アプリケーションをリビルドしてください:

1
$ yarn encore dev

ブラウザでアプリケーションを再読み込みすると、 "Home" とカンファレンスへのリンクをクリックできるようになっています。ブラウザの URL を確認して、ブラウザの 戻る/進むボタンが動くか確認してください。

SPA サイトをスタイルする

Webサイトに Sass ローダーを追加しましょう:

1
$ yarn add node-sass "[email protected]^7.0"

Webpack で Sass ローダーを有効化し、スタイルシートへの参照を追加してください:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
--- a/src/app.js
+++ b/src/app.js
@@ -1,3 +1,5 @@
+import '../assets/css/app.scss';
+
 import {h, render} from 'preact';
 import {Router, Link} from 'preact-router';

--- a/webpack.config.js
+++ b/webpack.config.js
@@ -7,6 +7,7 @@ Encore
     .cleanupOutputBeforeBuild()
     .addEntry('app', './src/app.js')
     .enablePreactPreset()
+    .enableSassLoader()
     .enableSingleRuntimeChunk()
     .addPlugin(new HtmlWebpackPlugin({ template: 'src/index.ejs', alwaysWriteToDisk: true }))
 ;

これでスタイルシートを使うため、アプリケーションを更新できるようになりました:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
--- a/src/app.js
+++ b/src/app.js
@@ -9,10 +9,20 @@ import Conference from './pages/conference';
 function App() {
     return (
         <div>
-            <header>
-                <Link href="/">Home</Link>
-                <br />
-                <Link href="/conference/amsterdam2019">Amsterdam 2019</Link>
+            <header className="header">
+                <nav className="navbar navbar-light bg-light">
+                    <div className="container">
+                        <Link className="navbar-brand mr-4 pr-2" href="/">
+                            &#128217; Guestbook
+                        </Link>
+                    </div>
+                </nav>
+
+                <nav className="bg-light border-bottom text-center">
+                    <Link className="nav-conference" href="/conference/amsterdam2019">
+                        Amsterdam 2019
+                    </Link>
+                </nav>
             </header>

             <Router>

もう一度アプリケーションをリビルドしてください:

1
$ yarn encore dev

これで完全にスタイルされた SPAサイトができました:

API からデータを取得する

Preact アプリケーションの構築はこれで終わりです。これで、Preact ルーターは、カンファレンスのスラッグのプレースホルダーも含めページの状態を扱えるようになり、メインアプリケーションのスタイルシートは、SPAのスタイルに使用されるようになりました。

SPA を動的にするには、 HTTP 呼び出しで API からデータを取得する必要があります。

Webpack を設定して、 API のエンドポイントの環境変数を公開してください:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
--- a/webpack.config.js
+++ b/webpack.config.js
@@ -1,3 +1,4 @@
+const webpack = require('webpack');
 const Encore = require('@symfony/webpack-encore');
 const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');

@@ -10,6 +11,9 @@ Encore
     .enableSassLoader()
     .enableSingleRuntimeChunk()
     .addPlugin(new HtmlWebpackPlugin({ template: 'src/index.ejs', alwaysWriteToDisk: true }))
+    .addPlugin(new webpack.DefinePlugin({
+        'ENV_API_ENDPOINT': JSON.stringify(process.env.API_ENDPOINT),
+    }))
 ;

 module.exports = Encore.getWebpackConfig();

環境変数 API_ENDPOINT は、 /api 以下のAPIのエンドポイントのWebサーバーを指しています。後に yarn encore で実行して正しく設定できるようにします。

API からのデータ取得を行う api.js ファイルを作成してください:

src/api/api.js
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
function fetchCollection(path) {
    return fetch(ENV_API_ENDPOINT + path).then(resp => resp.json()).then(json => json['hydra:member']);
}

export function findConferences() {
    return fetchCollection('api/conferences');
}

export function findComments(conference) {
    return fetchCollection('api/comments?conference='+conference.id);
}

これでヘッダーとホームのコンポーネントに適応できるようになりました:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
--- a/src/app.js
+++ b/src/app.js
@@ -2,11 +2,23 @@ import '../assets/css/app.scss';

 import {h, render} from 'preact';
 import {Router, Link} from 'preact-router';
+import {useState, useEffect} from 'preact/hooks';

+import {findConferences} from './api/api';
 import Home from './pages/home';
 import Conference from './pages/conference';

 function App() {
+    const [conferences, setConferences] = useState(null);
+
+    useEffect(() => {
+        findConferences().then((conferences) => setConferences(conferences));
+    }, []);
+
+    if (conferences === null) {
+        return <div className="text-center pt-5">Loading...</div>;
+    }
+
     return (
         <div>
             <header className="header">
@@ -19,15 +31,17 @@ function App() {
                 </nav>

                 <nav className="bg-light border-bottom text-center">
-                    <Link className="nav-conference" href="/conference/amsterdam2019">
-                        Amsterdam 2019
-                    </Link>
+                    {conferences.map((conference) => (
+                        <Link className="nav-conference" href={'/conference/'+conference.slug}>
+                            {conference.city} {conference.year}
+                        </Link>
+                    ))}
                 </nav>
             </header>

             <Router>
-                <Home path="/" />
-                <Conference path="/conference/:slug" />
+                <Home path="/" conferences={conferences} />
+                <Conference path="/conference/:slug" conferences={conferences} />
             </Router>
         </div>
     )
--- a/src/pages/home.js
+++ b/src/pages/home.js
@@ -1,7 +1,28 @@
 import {h} from 'preact';
+import {Link} from 'preact-router';
+
+export default function Home({conferences}) {
+    if (!conferences) {
+        return <div className="p-3 text-center">No conferences yet</div>;
+    }

-export default function Home() {
     return (
-        <div>Home</div>
+        <div className="p-3">
+            {conferences.map((conference)=> (
+                <div className="card border shadow-sm lift mb-3">
+                    <div className="card-body">
+                        <div className="card-title">
+                            <h4 className="font-weight-light">
+                                {conference.city} {conference.year}
+                            </h4>
+                        </div>
+
+                        <Link className="btn btn-sm btn-blue stretched-link" href={'/conference/'+conference.slug}>
+                            View
+                        </Link>
+                    </div>
+                </div>
+            ))}
+        </div>
     );
-};
+}

最後に Preact ルーターは、 "slug" のプレースホルダーを Conference コンポーネントにプロパティとして渡します。このプロパティを使ってAPIでカンファレンスとそのコメントが正しく表示されるようにしてください。そして、API のデータを使ってレンダリングをします:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
--- a/src/pages/conference.js
+++ b/src/pages/conference.js
@@ -1,7 +1,48 @@
 import {h} from 'preact';
+import {findComments} from '../api/api';
+import {useState, useEffect} from 'preact/hooks';
+
+function Comment({comments}) {
+    if (comments !== null && comments.length === 0) {
+        return <div className="text-center pt-4">No comments yet</div>;
+    }
+
+    if (!comments) {
+        return <div className="text-center pt-4">Loading...</div>;
+    }
+
+    return (
+        <div className="pt-4">
+            {comments.map(comment => (
+                <div className="shadow border rounded-lg p-3 mb-4">
+                    <div className="comment-img mr-3">
+                        {!comment.photoFilename ? '' : (
+                            <a href={ENV_API_ENDPOINT+'uploads/photos/'+comment.photoFilename} target="_blank">
+                                <img src={ENV_API_ENDPOINT+'uploads/photos/'+comment.photoFilename} />
+                            </a>
+                        )}
+                    </div>
+
+                    <h5 className="font-weight-light mt-3 mb-0">{comment.author}</h5>
+                    <div className="comment-text">{comment.text}</div>
+                </div>
+            ))}
+        </div>
+    );
+}
+
+export default function Conference({conferences, slug}) {
+    const conference = conferences.find(conference => conference.slug === slug);
+    const [comments, setComments] = useState(null);
+
+    useEffect(() => {
+        findComments(conference).then(comments => setComments(comments));
+    }, [slug]);

-export default function Conference() {
     return (
-        <div>Conference</div>
+        <div className="p-3">
+            <h4>{conference.city} {conference.year}</h4>
+            <Comment comments={comments} />
+        </div>
     );
-};
+}

これでSPAは、環境変数 API_ENDOPOINT からAPIのURLを知る必要があります。APIのWebサーバーのURLをセットしてください( .. ディレクトリで実行します):

1
$ API_ENDPOINT=`symfony var:export SYMFONY_DEFAULT_ROUTE_URL --dir=..` yarn encore dev

これでバックグラウンドでも実行できるようになったはずです:

1
$ API_ENDPOINT=`symfony var:export SYMFONY_DEFAULT_ROUTE_URL --dir=..` symfony run -d --watch=webpack.config.js yarn encore dev --watch

これで、ブラウザ内のアプリケーションをが正しく動くのを確認できるはずです:

できましたね!ルーターも実際のデータもちゃんと機能する SPA が完成しました。 Preact アプリをさらに整理することもできますが、ここではこのくらいにしておきましょう。

本番に SPA サイトをデプロイする

SymfonyCloud では、各プロジェクト毎に複数のアプリケーションをデプロイすることができます。アプリケーションは、 サブディレクトリ内に``.symfony.cloud.yaml`` ファイルを作成することで追加できます。 spa/ のディレクトリ以下に spa と命名して作成しましょう:

.symfony.cloud.yaml
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
name: spa

type: php:7.3
size: S
disk: 256

build:
    flavor: none

dependencies:
    nodejs:
        yarn: "*"

web:
    commands:
        start: sleep
    locations:
        "/":
            root: "public"
            index:
                - "index.html"
            scripts: false
            expires: 10m

hooks:
    build: |
        set -x -e

        curl -s https://get.symfony.com/cloud/configurator | (>&2 bash)
        yarn-install
        npm rebuild node-sass
        yarn encore prod

.symfony/routes.yaml ファイルを編集して、プロジェクトのルートディレクリにある spa アプリケーションに spa. サブドメインにルート指定をしてください:

1
$ cd ../
patch_file
1
2
3
4
5
6
7
8
--- a/.symfony/routes.yaml
+++ b/.symfony/routes.yaml
@@ -1,2 +1,5 @@
+"https://spa.{all}/": { type: upstream, upstream: "spa:http" }
+"http://spa.{all}/": { type: redirect, to: "https://spa.{all}/" }
+
 "https://{all}/": { type: upstream, upstream: "varnish:http", cache: { enabled: false } }
 "http://{all}/": { type: redirect, to: "https://{all}/" }

SPA サイトの CORS を設定する

コードをデプロイしても、API リクエストがブラウザからブロックされるので動作しません。SPA が API にアクセスできるように明示する必要があります。アプリケーションに現在のドメイン名をアタッチしてください:

1
$ symfony env:urls --first

CORS_ALLOW_ORIGIN 環境変数を定義してください:

1
$ symfony var:set "CORS_ALLOW_ORIGIN=^`symfony env:urls --first | sed 's#/$##' | sed 's#https://#https://spa.#'`$"

ドメインが、 https://master-5szvwec-hzhac461b3a6o.eu.s5y.io/ であったなら、 sed コマンドで https://spa.master-5szvwec-hzhac461b3a6o.eu.s5y.io と変換しましょう。

環境変数 API_ENDPOINT をセットする必要もあります:

1
$ symfony var:set API_ENDPOINT=`symfony env:urls --first`

コミットしてデプロイしてください:

1
2
3
$ git add .
$ git commit -a -m'Add the SPA application'
$ symfony deploy

アプリケーションをフラグで指定して、ブラウザで SPA にアクセスしてください:

1
$ symfony open:remote --app=spa

Cordova を使用して、スマートフォンアプリケーションをビルドする

Apache Cordova は、クロスプラットフォームでスマートフォンアプリケーションをビルドすることができるツールです。 今作成した SPA にも使うことができます。

インストールしてみましょう:

1
2
$ cd spa
$ yarn global add cordova

注釈

Android SDK もインストールする必要があります。このセクションでは、 Android しか触れませんが、Cordova を使用すれば、iOS などの他のモバイルプラットフォームでも動きます。

アプリケーションのディレクトリ構造を作成してください:

1
$ cordova create app

さらに、Android アプリケーションを生成してください:

1
2
3
$ cd app
$ cordova platform add android
$ cd ..

これだけです。これで、本番ファイルをビルドして、 Cordova にそのファイルを移動することができるようになりました:

1
2
3
4
$ API_ENDPOINT=`symfony var:export SYMFONY_DEFAULT_ROUTE_URL --dir=..` yarn encore production
$ rm -rf app/www
$ mkdir -p app/www
$ cp -R public/ app/www

スマートフォンかエミュレーターでアプリケーションを実行してください:

1
$ cordova run android

  • « Previous ステップ 26: API Platformを使ってAPIを公開する
  • Next » ステップ 28: アプリケーションをローカライズする

This work, including the code samples, is licensed under a Creative Commons BY-NC-SA 4.0 license.