ステップ 32: RabbitMQをメッセージのブローカーとして使う

5.2 version
Maintained

RabbitMQをメッセージのブローカーとして使う

RabbitMQはとても有名なメッセージブローカーで、PostgreSQLの代わりに使うことができます。

PostgreSQLからRabbitMQに切り替える

メッセージブローカーとしてPostgreSQLの代わりにRabbitMQを利用します:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
--- a/config/packages/messenger.yaml
+++ b/config/packages/messenger.yaml
@@ -6,7 +6,7 @@ framework:
         transports:
             # https://symfony.com/doc/current/messenger.html#transport-configuration
             async:
-                dsn: '%env(MESSENGER_TRANSPORT_DSN)%'
+                dsn: '%env(RABBITMQ_URL)%'
                 options:
                     use_notify: true
                     check_delayed_interval: 60000

DockerにRabbitMQを追加する

既に予想していたかもしれませんが、RabbitMQをDocker Composeにも追加する必要があります:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
--- a/docker-compose.yaml
+++ b/docker-compose.yaml
@@ -21,3 +21,7 @@ services:
     redis:
         image: redis:5-alpine
         ports: [6379]
+
+    rabbitmq:
+        image: rabbitmq:3.7-management
+        ports: [5672, 15672]

Dockerサービスを再起動する

Docker ComposeでRabbitMQ コンテナを扱わせるために、コンテナをすべて停止して再起動します:

1
2
$ docker-compose stop
$ docker-compose up -d
1
$ sleep 10

RabbitMQのWeb管理画面を使う

RabbitMQを通っていくキューやメッセージを見たければ、RabbitMQのWeb管理画面を開きます:

1
$ symfony open:local:rabbitmq

あるいはWebデバッグツールバーからも見ることができます:

RabbitMQの管理画面には guest/guest アカウントを使ってログインします:

RabbitMQをデプロイする

RabbitMQをプロダクションサーバーに追加するには、サービスのリストに追加します:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
--- a/.symfony/services.yaml
+++ b/.symfony/services.yaml
@@ -18,3 +18,8 @@ files:

 rediscache:
     type: redis:5.0
+
+queue:
+    type: rabbitmq:3.7
+    disk: 1024
+    size: S

Webコンテナの設定でも参照し、 amqp PHP拡張を有効にします:

patch_file
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
--- a/.symfony.cloud.yaml
+++ b/.symfony.cloud.yaml
@@ -4,6 +4,7 @@ type: php:7.4

 runtime:
     extensions:
+        - amqp
         - redis
         - blackfire
         - xsl
@@ -28,6 +29,7 @@ disk: 512
 relationships:
     database: "db:postgresql"
     redis: "rediscache:redis"
+    rabbitmq: "queue:rabbitmq"

 web:
     locations:

RabbitMQサービスがプロジェクトにインストールされると、トンネルを使ってWeb管理画面にアクセスできるようになります:

1
2
3
4
5
$ symfony tunnel:open
$ symfony open:remote:rabbitmq

# when done
$ symfony tunnel:close

  • « Previous ステップ 31: Redisにセッションを保存する
  • Next » 次にやること?

This work, including the code samples, is licensed under a Creative Commons BY-NC-SA 4.0 license.