ステップ 1: 作業環境を確認する

5.0 version
Maintained

作業環境を確認する

プロジェクトで作業を始める前に、皆さんが適切な作業環境を持っているかどうか確認する必要があります。これは重要なことです。今の開発者が使うツールセットは、10年前のそれとはずいぶん変わりました。ツールは大きな進化を遂げてきたのです。それらを活用しない手はありません。良い道具を使って、道を開いていきましょう。

この手順は省かないでください。少なくとも Symfony CLI に関する最後のセクションは読んでください。

コンピューター

コンピューターが要りますね。macOS、Windows、Linux といった一般的なOSで実行することができるので安心です。Symfony やこれから使うすべてのツールはこれらのOSで利用可能です。

技術の選定

最良の選択をして、速く動きだしたいと思います。私はこの本のためにあえて技術選定をしました。

PostgreSQL がデータベースエンジンの選択となります。

RabbitMQ がキューの選択となります。

IDE

お望みであれば Notepad を使うこともできるかもしれませんが、おすすめしません。

私は昔 Textmate で仕事をしていましたが、今はもう違います。「本物の」IDEを使う快適さはきわめて有用であり、他では代えられません。オートコンプリート、 自動的にソートされ追加される use 文、あるファイルから別のファイルへのジャンプ等、生産性を高めてくれる多くの機能を持っています。

Visual Studio CodePhpStorm を使うのが良いでしょう。前者は無料で、後者は有料ですが Symfony とのより良い統合機能を持っています。( Symfony Support Plugin のおかげです)。あなた次第です。私が使っている IDE がどちらなのかを知っておきたいでしょうね。私はこの本を Visual Studio Code で書いています。

ターミナル

IDEからコマンドラインに切り替えることがよくあります。IDEのビルトインターミナルを使うこともできますが、私はそれではなくて、より多くの作業スペースを使うことのできる実際のターミナルの方を好んで使っています。

Linux には Terminal がビルトインであります。macOS なら iTerm2 を使いましょう。Windows なら、 Hyper がうまく機能します。

Git

私が前に出した本の頃はバージョン管理に Subversion を推奨していました。今は誰でも Git を使います。

Windows なら、 Git bash をインストールしてください。

Git の一般的な操作、 git clonegit loggit showgit diffgit checkout … などの実行方法をおさえておいてください。

PHP

サービスに Docker を使うことになりますが、私はローカルコンピューターにPHPをインストールして使うのが好きです。パフォーマンス、安定性、シンプルさがその理由です。やり方が古いと言われてしまうかもしれませんが、ローカルインストールした PHPと Docker サービスを組み合わせるやり方が理想的だと考えています。

可能ならば PHP 7.3 を、あるいはあなたがこの本を読むタイミングによってはもう 7.4 になっているかもしれませんが、新しいPHPバージョンを使ってください。下記の PHP 拡張 がインストール済みになっていることを確認してください。もし入っていなければ今インストールしてください: intl, pdo_pgsql, xsl, amqp, gd, openssl, sodium 。オプションで下記をインストールしてください: redis, curl

現在有効になっている拡張は php -m で確認できます。

プラットフォームがサポートしていれば php-fpm も用意して下さい。 php-cgi でも同等のことができます。

Composer

依存関係の管理は今や Symfony プロジェクトのすべてと言えるほど重要なものです。PHPのパッケージ管理ツール Composer の最新バージョンを入手してください。

Composer に慣れていない場合は、Composer に関してドキュメントをじっくりと読んでください。

ちなみに

コマンド名をフルワード入力でタイピングする必要はありません: composer reqcomposer require と同じことですし、 composer remcomposer remove の代わりに使えば良いです。他も同様です。

Docker と Docker Compose

サービスは Docker と Docker Compose を使って管理されます。 それらをインストールして 、Docker を起動してください。Docker を初めて使うのであれば、ツールに慣れておきましょう。とまどう必要はありません。使い方はとても簡単ですからどうか安心してください。凝った設定や複雑なセットアップは一切出てきません。

Symfony CLI

最後ですが重要なところとして、 symfony コマンドを使って生産性を高めます。ローカルWebサーバーの提供から、完全な Docker 統合、 SymfonyCloud のサポートまで、大幅な時間短縮を実現できます。

Symfony CLI をインストールして環境変数パス $PATH に追加して下さい。アカウントをまだ持っていない場合は SymfonyConnect アカウントを作成し、symfony login 経由でログインしてください。

HTTPS をローカルで使うため、CAもインストールして 、TLSサポートを有効にする必要があります。次のコマンドを実行してください:

1
$ symfony server:ca:install

次のコマンドを実行して、コンピューターに必要なすべての要件が満たされていることを確認します:

1
$ symfony book:check-requirements

もし複雑なことをしたい場合は、 Symfony proxy を実行することもできます。オプションですが、末尾に .wip を付したローカルドメイン名をプロジェクトで取得することができます。

ターミナルでコマンドを実行する際は、ほとんどの場合でプレフィックス symfony を付けることになります。たとえば、普通の composer ではなく、 symfony composer を、./bin/console ではなく symfony console を使う、といった具合です。

その主な理由は、Symfony CLI が Docker で実行されるサービスに対していくつかの環境変数を自動的に設定するためです。環境変数はローカルWebサーバーに自動登録され、HTTPリクエストで利用できるようになります。CLIで symfony を使えば、どの環境でも同じように動作することを保証できるわけです。

さらに、Symfony CLI はプロジェクトに「最良の」PHPバージョンを自動的に選択します。


  • « Previous ステップ 0: 書籍の目的
  • Next » ステップ 2: 作成するプロジェクトについて

This work, including the code samples, is licensed under a Creative Commons BY-NC-SA 4.0 license.