ステップ 4: メソドロジーを適用する

5.0 version
Maintained

メソドロジーを適用する

教えることは何度も同じことを繰り返すことですが、ここでは行いません。各ステップの最後には、あなたは、自分の作業を、セーブすることができるようになるでしょう。Webサイトで、あたかも Ctrl+S で保存するかのように。

Git の実行

各ステップの最後では、あなたの変更をコミットするのを忘れないでください。

1
2
$ git add .
$ git commit -m'Add some new feature'

Symfony が .gitignore ファイルを管理しているので、安全に"すべて"を追加することができます。そして、各パッケージにもっと設定を追加することができます。現在の内容を見てみてください。

.gitignore
1
2
3
4
5
6
7
8
###> symfony/framework-bundle ###
/.env.local
/.env.local.php
/.env.*.local
/public/bundles/
/var/
/vendor/
###< symfony/framework-bundle ###

変わったマーカーは、Symfomy Flex によりが追加されていますが、依存をアンインストールする際に何を除去したらよいか示すためです。退屈な作業は Symfony が代行してくれるようにしています。

あなたのリポジトリを GitHub や GitLab もしくは Bitbucket などのサーバにプッシュしてみてください。

SymfonyCloud でデプロイするのであれば、 Git リポジトリのコピーが既にあるはずです。しかし、そのコピーには頼らないでください。これはデプロイのためのものであって、バックアップのためのものではありませんから。

プロダクトを継続的にデプロイすること

もう一つの良い習慣は、デプロイを頻繁に行うことです。各ステップの最後にデプロイをするのは良い間隔です。

1
$ symfony deploy

  • « Previous ステップ 3: ゼロの状態からプロダクションまでやってみよう
  • Next » ステップ 5: トラブルシューティング

This work, including the code samples, is licensed under a Creative Commons BY-NC-SA 4.0 license.