謝辞

謝辞

私は、実際に手に取ることのできる書籍が大好きです。

Symfony に関する書籍を書いたのは、ちょうど10年前でした。そして、それは、Symfony1.4 に関するものでしたが、その後、Symfony に関することは書いていませんでした。

Symfony に関する書籍を再び書き始めて、1週間で最初のドラフトを終えたとき、とても興奮していました。ここであなたが読むことになる書籍のバージョンはより多くの時間がかかっています。書籍を執筆するには、膨大な時間とエネルギーが必要です。カバーデザインからページレイアウト、コードの微調整からピアレビューなど。終わりのない仕事です。あなたは、いつでもセクションを改善したり、コードをさらに良くしたり、タイポを修正したり、よりわかりやすいように書き換えすることができます。

書籍の執筆は、孤独な仕事としたくありません。多くの人が直接的、また間接的に関わって貢献してくれました。本当にありがとうございます!

タイポを見つけてくれたり、内容を改善してくれるなど、膨大な時間をレビューしてくれた全ての素晴らしい方に感謝をしたいと思います。何人かはコードスニペットを書くのまで手伝ってくれました:

  • Javier Eguiluz
  • Ryan Weaver
  • Titouan Galopin
  • Nicolas Grekas
  • Kévin Dunglas
  • Tugdual Saunier
  • Grégoire Pineau
  • Alexandre Salomé

翻訳者

Symfony の公式ドキュメントは英語のみサポートしています。過去には翻訳をしたこともありましたが、英語のドキュメントの内容と同期することができなかったため、止めてしまいました。古くなって間違ったドキュメントは、ドキュメントがないことよりも悪です。

翻訳の主な問題は、メンテナンス性です。Symfony のドキュメントは毎日多くのコントリビューターによって更新がかかっています。リアルタイムにそれらの変更をボランティアのチームで翻訳するのは無理でした。

しかし、この書籍は時間が経っても変更をしないようにしましたので、翻訳は管理可能だと考えています。そのため、書籍の内容は常に安定しています。

技術の世界では、英語がデファクトの言語なのになぜ英語でないドキュメントが必要なのでしょうか?Symfony は世界中で開発者に使用されています。中には英語のドキュメントがあまり得意ではない方もいます。"始め方"のドキュメントを翻訳するのは、Symfony を可能な限り排他的にしないようにするための試みです。

想像できますように、300ページの翻訳は膨大な仕事です。この書籍の翻訳を手伝ってくれた全ての人に感謝したいと思います:

  • Ippei Sumida
  • Nana YAMANE
  • Shin Ohno
  • Taku Shinohara
  • Hiromi Hishida

家族の愛

家族からのサポートに感謝します。私の妻、 Hélène と二人の子供 ThomasLucas の絶え間なるサポートに感謝します。

Thomasのイラストレーションを楽しんでください。もちろん書籍も!

This work, including the code samples, is licensed under a Creative Commons BY-NC-SA 4.0 license.