Caution: You are browsing the legacy symfony 1.x part of this website.

ファイルをアップロードする方法

1.0
Language

概要

バックエンドとコラボレーション用のアプリケーションにおいてユーザーがメディアもしくはデータファイルをアップロードできることが必須であることが良くあります。数行のコードだけで、symfonyはファイルのリネーム、アップロードディレクトリへの移動などを必要とするすべてのことに対処します。adminジェネレータのユーザーは実装をシンプルな設定に減らす新しいヘルパーにアクセスできます。

通常のファイルのアップロード

ファイルをアップロードするにはテンプレートでファイルとそれを処理するアクションが必要です。テンプレートに対して、multipartと宣言されたフォームでinput_file_tag()ヘルパーを使います:

<?php echo form_tag('media/upload', 'multipart=true') ?>
  <?php echo input_file_tag('file') ?>
  <?php echo submit_tag('Send') ?>
</form>

上記のコードは次のHTMLコードを生成します:

<form method="post" enctype="multipart/form-data" action="media/upload">
  <input type="file" name="file" id="file" value="" />
  <input type="submit" name="commit" value="Send" />
</form>

アクション(この場合media/upload)はリクエストからのファイルをアップロードディレクトリに移動させます:

public function executeUpload()
{
  $fileName = $this->getRequest()->getFileName('file');
 
  $this->getRequest()->moveFile('file', sfConfig::get('sf_upload_dir').'/'.$fileName);
 
  $this->redirect('media/show?filename='.$fileName);    
}

sf_upload_dirパラメータはサーバー上の絶対パスを保有し、これはファイルがアップロードされる場所を表します。myprojectという名前のプロジェクトに対して、通常の絶対パスは/home/production/myproject/web/upload/です。config/config.phpでこのパスを簡単に修正できます:

sfConfig::add(array(
  'sf_upload_dir_name'  => $sf_upload_dir_name = 'uploads',
  'sf_upload_dir'       => sfConfig::get('sf_root_dir').DIRECTORY_SEPARATOR.sfConfig::get('sf_web_dir_name').DIRECTORY_SEPARATOR.$sf_upload_dir_name,      
));    

note

ファイルをリクエストからアップロードディレクトリに移動させる前に、特殊文字を置き換えファイルシステムの問題を回避するためにファイルの名前をサニタイズすべきです。加えて、リクエストパラメータとして渡す前に$fileNameをエスケープすべきです。

アップロードされたファイルを表示するには、sf_upload_dir_nameパラメータを使います。たとえば、アップロードされたメディアが画像である場合、media/showテンプレートは次のコードで画像を表示します:

...
<?php echo image_tag('/'.sfConfig::get('sf_upload_dir_name').'/'.$sf_params->get('filename')) ?>

バリデーション

通常のフォーム入力と同じように、ファイルのアップロードはsymfonyバリデータsfFileValidatorによってバリデートできます。namesキーの下でカスタムのfile: trueパラメータをバリデータの宣言に設置することを覚えておくだけです。たとえば、以前のフォーム用のvalidate/upload.ymlは次のように記述されます:

methods:
  post:               [file]

names:
  file:
    required:         Yes
    required_msg:     Please upload a file
    validators:       myFileValidator
    file:             true

myFileValidator:
  class:              sfFileValidator
  param:
    mime_types:       
      - 'image/jpeg'
      - 'image/png'
      - 'image/x-png'
      - 'image/pjpeg'        
    mime_types_error: Only PNG and JPEG images are allowed
    max_size:         512000
    max_size_error:   Max size is 512Kb

note

Internet Explorerとその他のブラウザとの互換性がないので、通常のものと同様にIE固有のmimeタイプを使わなければなりません。

sfFileValidatorはアップロードされたファイルの種類(mimeタイプの配列を指定可能)とサイズ(最大と最小のサイズを指定可能)をバリデートできます。

サムネイル

画像をアップロードする場合、アップロードされたそれぞれのファイルのサムネイルを作ると良いでしょう。この場合、sfThumbnailプラグインが便利です。

最初に、symfonyコマンドラインを使用してプラグインをインストールします:

$ symfony plugin-install http://plugins.symfony-project.com/sfThumbnailPlugin
$ symfony cc

note

GDライブラリが有効ではない場合、PHPの画像処理関数を有効にするためにphp.iniの関連した行のコメントを解除してWebサーバーを再起動させなければならないことがあります。

プラグインがインストールされると、sfThumbnailオブジェクトを通して使うことができます。たとえば、上記の例においてアップロードされた画像に関して同時に最大サイズが150×150pxのサムネイルを保存するには、media/uploadアクションを次のコードで置き換えます:

public function executeUpload()
{
  $fileName = $this->getRequest()->getFileName('file');
 
  $thumbnail = new sfThumbnail(150, 150);
  $thumbnail->loadFile($this->getRequest()->getFilePath('file'));
  $thumbnail->save(sfConfig::get('sf_upload_dir').'/thumbnail/'.$fileName, 'image/png');
 
  $this->getRequest()->moveFile('file', sfConfig::get('sf_upload_dir').'/'.$fileName);
 
  $this->redirect('media/show?filename='.$fileName);    
}

アクションを呼び出す前にuploads/thumbnail/ディレクトリを作成することを忘れないでください。

adminジェネレータでファイルをアップロードする

データモデルがメディア用のフィールドを含む場合、そして管理者機能がadminジェネレータを利用してビルドされた場合、長い名前のobject_admin_input_file_tag()ヘルパーが使えます。シンプルな設定をするだけでこのヘルパーがすべてを代行してくれます。

たとえば、photoカラムを持つUserテーブルがある場合、editビュー用のgenerator.ymlは次のように設定できます:

edit:
  title:          User profile
  fields:
    photo:
      name:       User photo
      help:       max width 200px
      type:       admin_input_file_tag
      upload_dir: pictures/users
      params:     include_link=pictures/users include_remove=true
  display:        [name, email, photo]

upload_dirキーはアップロードディレクトリを設定します(uploads/ディレクトリの下)。

include_linkパラメータを含める場合、リンクはアップロードされたメディアに追加されます(すなわち、メディアがアップロードされる場合)。include_textパラメータを指定しない限り、リンクのテキストはデフォルトで'[show file]'です。

include_removeパラメータを含める場合、ヘルパーはクリックしたときにメディアの削除を簡単にできるようにするリンクを表示します。