Caution: You are browsing the legacy symfony 1.x part of this website.

symfony の内側

Geoffrey Bachelet 著

みなさん、HTTP リクエストにより symfony アプリケーションが実行されるとき、どのように処理されているのか疑問に思ったことはありますか? この章は、そんなみなさんの疑問にお答えします。この章では、symfony が HTTP リクエストをどのように処理し、レスポンスを準備して返しているのかを詳しく説明します。もちろん、このようなプロセスの説明は少し退屈かもしれませんので、いくつかの面白い使い方や、このプロセスをカスタマイズする方法なども説明します。

ブートストラップ

最初はアプリケーションのコントローラから始まります。symfony のサンプルプロジェクトとしてもはや古典的ですが、dev 環境で frontend コントローラを作成したとします。この場合、フロントコントローラの場所はweb/frontend_dev.php になります。このファイルは何をしているのでしょうか? とても短いコードですが、symfony はアプリケーションコンフィギュレーションを取得し、sfContext のインスタンスを作っています。この sfContext オブジェクトが、リクエストのディスパッチを行います。sfContext オブジェクトは、symfony の舞台裏でアプリケーションに応じた処理の中心的な役割を担うため、このオブジェクトの作成にはアプリケーションコンフィギュレーションが必要となります。

tip

このプロセスで変更できることはわずかです。ProjectConfiguration::getApplicationConfiguration() の第4 引数を使うと、アプリケーションのルートディレクトリを変更できます。同様に、sfContext::createInstance() の第3引数にカスタムコンテキストクラスを渡すことで、ルートディレクトリを変更することもできます。(カスタムコンテキストクラスは、sfContext を継承している必要があります。)

アプリケーションコンフィギュレーションの取得は、とても重要なステップです。まず、sfProjectConfiguration でアプリケーションに対応するコンフィギュレーションクラスの推測が行われます。通常は ${application}Configuration で、apps/${application}/config/${application}Configuration.class.php にあります。

sfApplicationConfigurationProjectConfiguration を継承しているので、すべてのアプリケーションから ProjectConfiguration の任意のメソッドを利用できます。また、sfApplicationConfiguration のコンストラクタには ProjectConfigurationsfProjectConfiguration のコンストラクタも含まれることも意味します。ほとんどのプロジェクトの設定は、sfProjectConfiguration コンストラクタ内で行われます。最初に、プロジェクトのルートディレクトリや symfony のライブラリディレクトリといったいくつかの役立つ値が求められ、変数に保存されます。フロントコントローラの ProjectConfiguration::getApplicationConfiguration() の第5引数でイベントディスパッチャが渡されていない場合は、sfProjectConfigurationsfEventDispatcher 型の新しいイベントディスパッチャが作成されます。

これ以降の設定プロセスは、派生クラスで ProjectConfigurationsetup() メソッドをオーバーライドすることでカスタマイズできます。通常ここでは、sfProjectConfiguration::setPlugins()sfProjectConfiguration::enablePlugins()sfProjectConfiguration::disablePlugins()sfProjectConfiguration::enableAllPluginsExcept() を使ってプラグインの有効化/無効化を行います。

次に sfProjectConfiguration::loadPlugins() によりプラグインが読み込まれます。sfProjectConfiguration::setupPlugins() メソッドをオーバーライドすることで、プラグインの読み込みプロセスをカスタマイズできます。

プラグインの初期化は、先頭から順に行われます。各プラグインに対して ${plugin}Configuration クラス (たとえば sfGuardPluginConfiguration) を探し、見つかった場合はインスタンス化します。見つからない場合は sfPluginConfigurationGeneric を使います。プラグインの設定は、次の 2 つのメソッドを使ってカスタマイズできます:

  • ${plugin}Configuration::configure(): オートロードの完了前
  • ${plugin}Configuration::initialize(): オートロードの完了後

次に、 sfApplicationConfiguration は自身の configure() メソッドを呼び出します。派生クラスでこのメソッドをオーバーライドすることで、sfApplicationConfiguration::initConfiguration() から始まる一連の内部設定の初期化プロセスの前に、アプリケーションごとの設定をカスタマイズできます。

この symfony の設定プロセスには多くの処理があり、このプロセスをカスタマイズするためのエントリポイントもいくつかあります。たとえば、autoload.filter_config イベントを使うことで、オートローダーの設定をカスタマイズできます。また、settings.ymlapp.yml といったとても重要な設定ファイルが読み込まれるので、これらのファイルで設定を変更することもできます。さらに、各プラグインの config/config.php ファイル、またはコンフィギュレーションクラスの initialize() メソッドを使って、プラグインを設定することもできます。

sf_check_lock が有効な場合、ここでロックファイルの確認が行われます。(ロックファイルは、たとえば project:disable タスクにより作られます) ロックファイルがある場合は、次のファイルを順に探し、最初に見つかったファイルをインクルードしてスクリプトの実行をただちに終了します:

  1. apps/${application}/config/unavailable.php
  2. config/unavailable.php
  3. web/errors/unavailable.php
  4. lib/vendor/symfony/lib/exception/data/unavailable.php

最後に、派生クラスで sfApplicationConfiguration::initialize() メソッドをオーバーライドすることでアプリケーションの初期化をカスタマイズできます。

ブートストラップと設定のまとめ

  • アプリケーションの設定の取得
    • ProjectConfiguration::setup() (プラグインを定義)
    • プラグインの読み込み
    • ${plugin}Configuration::configure()
    • ${plugin}Configuration::initialize()
    • ProjectConfiguration::setupPlugins() (プラグインのセットアップ)
    • ${application}Configuration::configure()
    • autoload.filter_config イベントの通知
    • settings.ymlapp.ymlの読み込み
    • ${application}Configuration::initialize()
  • sfContext インスタンスの作成

sfContext とファクトリ

ディスパッチプロセスの内部へ踏み込む前に、symfony のワークフローにおいて重要なファクトリについて説明します。

symfony でファクトリとは、アプリケーションで使用する一連のコンポーネントまたはクラスです。ファクトリの例としては、loggeri18n などがあります。各ファクトリは factories.yml で設定し、コンフィグハンドラによってコンパイルされ、PHP コードに変換されます。この PHP コードから、ファクトリオブジェクトがインスタンス化されます。 (コンパイルされた PHP コードは、キャッシュディレクトリの cache/frontend/dev/config/config_factories.yml.php ファイルで確認できます。)

note

ファクトリの読み込みは、sfContext の初期化の最中に行われます。詳細は、sfContext::initialize()sfContext::loadFactories() を参照してください。

この factories.yml の設定を編集することで、symfony の動作の大部分をカスタマイズできます。symfony 組み込みのファクトリクラスを独自のクラスに置き換えることも可能です!

note

ファクトリについてさらに詳しく知りたい方は、symfony リファレンスfactories.yml ファイルを参照してください。

生成された config_factories.yml.php を見ると、ファクトリが特定の順番でインスタンス化されていることがわかります。いくつかのファクトリは他のファクトリに依存しているので、インスタンス化する順番が重要になります (たとえば、routing コンポーネントは必要な情報を取得するために request が必要です)。

request についてより細かく見ていきましょう。デフォルトでは、request には sfWebRequest クラスが使われます。request がインスタンス化されると、sfWebRequest::initialize() が呼び出されます。このメソッドで、HTTP メソッドや GET/POST パラメータなどの関連する情報が集められます。request.filter_parameters イベントを使うことで、独自のリクエストパラメータ処理を追加できます。

request.filter_parameter イベントを使う

たとえば、ユーザーに公開 API を公開する Web サイトを開発しているとしましょう。API は HTTP 経由で利用可能で、API を利用する各ユーザーには、リクエストヘッダー (たとえば X_API_KEY) で正しい API キーを指定させ、このヘッダーをアプリケーションで検証します。検証処理は、request.filter_parameter イベントを使うと次のように簡単に実装できます:

class apiConfiguration extends sfApplicationConfiguration
{
  public function configure()
  {
    // ...
 
    $this->dispatcher->connect('request.filter_parameters', array(
      $this, 'requestFilterParameters'
    ));
  }
 
  public function requestFilterParameters(sfEvent $event, $parameters)
  {
    $request = $event->getSubject();
 
    $api_key = $request->getHttpHeader('X_API_KEY');
 
    if (null === $api_key || false === $api_user = Doctrine_Core::getTable('ApiUser')->findOneByToken($api_key))
    {
      throw new RuntimeException(sprintf('Invalid api key "%s"', $api_key));
    }
 
    $request->setParameter('api_user', $api_user);
 
    return $parameters;
  }
}

こうすると、リクエストから API ユーザーにアクセスできます:

public function executeFoobar(sfWebRequest $request)
{
  $api_user = $request->getParameter('api_user');
}

このテクニックは、たとえば Web サービスの呼び出しの検証などにも使えます。

note

request.filter_parameters イベントには、リクエストに関する多くの情報が渡されます。詳細については、sfWebRequest::getRequestContext() メソッドを参照してください。

次に重要なファクトリはルーティングです。ルーティングの初期化は先頭から順に行われ、ほとんどが特定のオプションの収集と設定で構成されています。routing.load_configuration イベントを使うと、このプロセスをカスタマイズできます。

note

routing.load_configuration イベントを使うと、ロードされたルーティングオブジェクトのインスタンスにアクセスできます。ルーティングオブジェクトのクラスのデフォルトは sfPatternRouting です。このオブジェクトのさまざまなメソッドを使って、登録されているルートを操作できます。

routing.load_configuration イベントの使用例

たとえば、ルートの追加は次のように簡単です:

public function setup()
{
  // ...
 
  $this->dispatcher->connect('routing.load_configuration', array(
    $this, 'listenToRoutingLoadConfiguration'
  ));
}
 
public function listenToRoutingLoadConfiguration(sfEvent $event)
{
  $routing = $event->getSubject();
 
  if (!$routing->hasRouteName('my_route'))
  {
    $routing->prependRoute('my_route', new sfRoute(
      '/my_route', array('module' => 'default', 'action' => 'foo')
    ));
  }
}

この初期化の直後に、sfPatternRouting::parse() メソッドで URL のパースが行われます。parse メソッドでの処理は少ないのですが、 このメソッドの最後まで処理が到達した場合は対応するルートが見つかったことを示し、ルートオブジェクトのインスタンスが取り出されて対応するパラメータが結合されます。

note

ルーティングに関する詳細は、進化したルーティング の章を参照してください。

すべてのファクトリが読み込まれセットアップが正常に終了すると、context.load_factories イベントが通知されます。このイベントは symfony フレームワークのすべてのコアファクトリオブジェクト (リクエスト、レスポンス、ユーザー、ロギング、データベースなど)に もっとも早くアクセスできるので、重要です。

この後で、とても便利な template.filter_parameters イベントに接続しています。このイベントは、sfPHPView でファイルがレンダリングされるときに通知され、実際にテンプレートに渡されるパラメータを制御できます。sfContext では、このイベントを利用して $sf_context$sf_request$sf_params$sf_response および $sf_user といった便利なパラメータを各テンプレートに追加しています。

同じように template.filter_parameters イベントを使って、カスタムグローバルパラメータをすべてのテンプレートに追加することもできます。

template.filter_parameters イベントを使う

プロジェクト内の各テンプレートで、特定のオブジェクト、たとえばヘルパーオブジェクトにアクセスする必要があるとします。次のコードを ProjectConfiguration に追加してください:

public function setup()
{
  // ...
 
  $this->dispatcher->connect('template.filter_parameters', array(
    $this, 'templateFilterParameters'
  ));
}
 
public function templateFilterParameters(sfEvent $event, $parameters)
{
  $parameters['my_helper_object'] = new MyHelperObject();
 
  return $parameters;
}

こうすると、各テンプレートで $my_helper_object から MyHelperObject のインスタンスにアクセスできます。

sfContext のまとめ

  1. sfContext の初期化
  2. ファクトリの読み込み
  3. 次のイベントの通知:
    1. request.filter_parameters
    2. routing.load_configuration
    3. context.load_factories
  4. グローバルテンプレートパラメータの追加

コンフィグハンドラについて

コンフィグハンドラは、symfony のコンフィギュレーションシステムの心臓部です。コンフィグハンドラは、各コンフィギュレーションファイルの種類に応じて実行されます。各コンフィグハンドラクラスは、YAML コンフィギュレーションファイルを読み込んで、必要なときに実行できるよう PHP のコードブロックに変換します。コンフィギュレーションファイルごとに、config_handlers.yml ファイルにある特定のコンフィグハンドラが割り当てられます。

正確には、コンフィグハンドラが YAML ファイルをパースするわけではありません (sfYaml で行われます)。コンフィグハンドラの仕事は、YAML の情にもとづいて一連の PHP ディレクトリを作成し、作成したディレクトリに PHP ファイルを保存することです。保存された PHP ファイルは後でインクルードされます。コンパイルされた各 YAML コンフィギュレーションファイルは、キャッシュディレクトリに保存されます。

もっともよく使われるコンフィグハンドラは、[sfDefineEnvironmentConfigHandler]http://trac.symfony-project.org/browser/branches/1.3/lib/config/sfDefineEnvironmentConfigHandler.class.php) ではないでしょうか。このコンフィグハンドラにより、環境ごとのコンフィギュレーションの設定が可能になっています。つまり、このコンフィグハンドラでは現在の環境のコンフィギュレーションのみを取得します。

別のコンフィグハンドラも見てみましょう。sfFactoryConfigHandler というコンフィグハンドラがあります。このコンフィグハンドラでは、symfony の重要なファイルの 1 つ factories.yml がコンパイルされます。このコンフィグハンドラの処理は特徴的で、YAML コンフィギュレーションファイルを、さまざまなファクトリ (先に説明したように、すべて重要なコンポーネントです) をインスタンス化する PHP コードに変換しています。他のコンフィグハンドラとはだいぶ異なっています。

リクエストのディスパッチと実行

前の節ではファクトリについて詳しく説明しました。話をディスパッチプロセスに戻しましょう。sfContext の初期化が完了すると、最後にコントローラの dispatch() メソッド sfFrontWebController::dispatch() が呼び出されます。

symfony のディスパッチプロセス自体はとても単純です。実際、sfFrontWebController::dispatch() では単純にモジュール名とアクション名をリクエストパラメータから取得し、アプリケーションを sfController::forward() メソッドでフォワードしているだけです。

note

この時点で、ルーティングにより現在の URL からモジュール名またはアクションを判別できなかった場合、sfError404Exception が発生します。この例外により、リクエストは404エラーのハンドリングモジュールへフォワードされます (sf_error_404_modulesf_error_404_action を参照してください)。アプリケーションでこの例外を発生させると、同じように404エラーへフォワードすることができます。

forward メソッドでは、多くの実行前のチェック、および実行するアクションのコンフィギュレーションとデータの準備が行われます。

コントローラは最初に、現在のモジュールの generator.yml ファイルがあるかどうかをチェックします。generator.yml コンフィグファイルがある場合、モジュールの基本的なアクションクラスをコンフィグファイルから生成する必要があるため、基本的なモジュール名、アクション名のクリーンアップの後最初にコンフィグファイルのチェックが実行されます (アクションの生成はコンフィグハンドラ sfGeneratorConfigHandler で行われます)。この後で、モジュールとアクションの存在チェックが行われます。このチェックはコントローラに委譲され、sfController::actionExists() を経由して sfController::controllerExists() メソッドが呼び出されます。ここで actionExists() メソッドによるチェックが失敗した場合も、sfError404Exception 例外を発生させます。

note

sfGeneratorConfigHandler は特殊なコンフィグハンドラで、モジュールに対応する適切なジェネレータクラスをインスタンス化して実行します。コンフィグハンドラに関する詳細は、「コンフィグハンドラについて」の節を参照してください。また、generator.yml に関する詳細は symfony リファレンスの第6 章を参照してください。

派生クラスでアプリケーションのコンフィギュレーションクラスの sfApplicationConfiguration::getControllerDirs() メソッドをオーバーライドすると、この部分の動作をカスタマイズできます。このメソッドでは、コントローラのファイルがあるディレクトリの配列と、各ディレクトリのコントローラが有効かどうかを settings.ymlsf_enabled_modules 設定オプションでチェックすることを示すパラメータが返されます。次のコードは、getControllerDirs() をカスタマイズした例です:

/**
 * /tmp/myControllers にあるコントローラは、有効化するための検査は不要
 */
public function getControllerDirs($moduleName)
{
  return array_merge(parent::getControllerDirs($moduleName), array(
    '/tmp/myControllers/'.$moduleName => false
  ));
}

note

アクションが存在しない場合は sfError404Exception がスローされます。

次のステップで、アクションを含むコントローラのインスタンスを取得します。この処理は、sfController::getAction() メソッドで行われ、actionExists() と同じように内部で sfController::getController() メソッドが呼び出されます。最後に、コントローラのインスタンスがアクションスタックに追加されます。

note

アクションスタックは FIFO (先入れ先出し) スタイルのスタックで、リクエスト処理で実行するすべてのアクションが格納されています。スタック内の各要素は sfActionStackEntry オブジェクトでラップされています。sfContext::getInstance()->getActionStack() または $this->getController()->getActionStack() を使うと、アクション内からアクションスタックにいつでもアクセスできます。

この後の多少のコンフィギュレーションの読み込みを行うと、アクションを実行する準備が完了します。次の2つの場所にあるモジュールごとのコンフィギュレーションを読み込む必要があります。1つ目は module.yml ファイルで、通常は apps/frontend/modules/yourModule/config/module.yml にあります。これは YAML コンフィグファイルなので、コンフィグキャッシュを使います。このコンフィギュレーションファイルではモジュールを内部用として宣言でき、mod_yourModule_is_internal のように設定すると、このモジュールを外部から呼び出せなくなるためリクエストはエラーになります。

note

内部用モジュールは、たとえば getPresentationFor() などでメール本文の生成に使われていました。現在は、パーシャルレンダリング ($this->renderPartial()) など別のテクニックを使うことが推奨されています。

module.yml を読み込んだ後、現在のモジュールが有効かどうかのチェックが再度行われます。mod_$moduleName_enabledfalse に設定すると、モジュールを無効化できます。

note

説明したように、モジュールを有効化または無効化する方法は2通りあります。この2つの違いは、モジュールが無効化された場合の処理にあります。1つ目のケースでは sf_enabled_modules 設定がチェックされ、モジュールが無効化されていれば sfConfigurationException がスローされます。これは、モジュールを恒久的に無効化する場合に使います。2つ目のケースでは、mod_$moduleName_enabled 設定で無効化されたモジュールにアクセスすると、アプリケーションは無効モジュールへフォワードされます。(sf_module_disabled_modulesf_module_disabled_action 設定を参照してください)。これは、モジュールを一時的に無効化する場合に使います。

読み込むコンフィギュレーションの2つ目は config.php ファイル (apps/frontend/modules/yourModule/config/config.php) で、このファイルには sfController::forward() メソッドのコンテキストで実行する任意の PHP コードを記述できます。(コードは文字どおり sfController クラスの内部で実行されるため、$this 変数を使って sfController インスタンスにアクセスします)

ディスパッチプロセスのまとめ

  1. sfFrontWebController::dispatch() の呼び出し
  2. sfController::forward() の呼び出し
  3. generator.yml のチェック
  4. モジュール/アクションの存在チェック
  5. コントローラディレクトリの一覧の取得
  6. アクションのインスタンスの取得
  7. module.ymlconfig.php からモジュール設定の読み込み

フィルタチェーン

ようやくすべてのコンフィギュレーションが完了したので、実際の動作を開始します。実際の動作とは、ここではフィルタチェーンを実行することです。

note

symfony のフィルタチェーンは、chain of responsibility と呼ばれるデザインパターンで実装されています。これはアクションを連鎖して実行できるシンプルで強力なパターンです。チェーンの実行を継続するか中断するかをチェーンの各パートごとに決定できます。チェーンの各パートの処理は、チェーンの残りの部分の実行の前または後のどちらでも実行できます。

フィルタチェーンのコンフィギュレーションは現在のモジュールの filters.yml から取得するので、アクションのインスタンスが必要になります。チェーンで実行する一連のフィルタを変更することもできます。ただし、レンダリングフィルタは常にリストの先頭に配置する必要があることに注意してください。デフォルトのフィルタコンフィギュレーションは次のとおりです:

note

カスタムフィルタを作った場合は、security フィルタと cache フィルタのあいだに配置することが強く推奨されています。

セキュリティフィルタ

rendering フィルタは、自身の処理を行う前に他のフィルタの実行完了を待つので、実際に最初に実行されるのは security フィルタです。このフィルタにより、security.yml コンフィギュレーションファイルの設定が反映されます。具体的には、認証されていないユーザーを login モジュール/アクションへフォワードし、資格が不十分なユーザーを secure モジュール/アクションへフォワードします。このフィルタは、指定されたアクションでセキュリティが有効になっている場合にのみ実行されます。

キャッシュフィルタ

次は cache フィルタです。このフィルタは、フィルタが以降のフィルタの実行をスキップできることを利用しています。実際、該当するキャッシュが見つかった場合は、アクションを実行する必要はありません。もちろんこのフィルタは、ページ全体をキャッシュ可能な場合にのみ動作します。大多数のページはこれには該当しないでしょう。

キャッシュフィルタには、実行フィルタの実行後、レンダリングフィルタの実行の直前にわずかなロジックがあります。このコードにより、HTTP のキャッシュヘッダーが設定され、必要に応じて sfViewCacheManager::setPageCache() メソッドでページをキャッシュに保存します。

実行フィルタ

最後は execution フィルタで、ここでようやくビジネスロジックの実行と、関連するビューの処理が行われます。

このフィルタの処理は、現在のアクションのキャッシュのチェックから始まります。アクションがキャッシュされている場合は、アクションの実行はスキップされ、Success ビューが実行されます。

アクションがキャッシュされていない場合は、コントローラの preExecute() ロジックが実行され、その後アクション自身が実行されます。この処理では、アクションインスタンスの sfActions::execute() メソッドが呼び出されます。このメソッドには多くの処理はありません。アクションが呼び出し可能かどうかチェックし、呼び出し可能なら呼び出します。アクションの処理が完了すると、フィルタは実行したアクションの postExecute() ロジックを実行します。

note

アクションの戻り値によって実行するビューを決定するため、戻り値はとても重要です。デフォルトでは、戻り値が見つからない場合 sfView::SUCCESS であると仮定されます (これはご想像のとおり、Success、つまり indexSuccess.php に変換されます)。

次のステップはビューの処理です。フィルタにより、アクションから返される2つの特別な戻り値 sfView::HEADER_ONLYsfView::NONE がチェックされます。これらは名前から分かるとおり、HTTP ヘッダーのみを送信 (内部では sfWebResponse::setHeaderOnly() で処理)、またはレンダリングをスキップします。

note

組み込みのビューの名前は ALERTERRORINPUTNONESUCCESS です。ただし基本的には任意の名前を返すことができます。

何かをレンダリングする必要がある場合は、フィルタの最後のステップであるビューの実行へ進みます。

最初に sfController::getView() メソッドを使って sfView オブジェクトを取得します。ビューオブジェクトは次の 2 つの場所で定義されています。1 つ目は特定のアクション用のカスタムビューで、apps/frontend/modules/module/view/actionSuccessView.class.php ファイルにある actionSuccessView または module_actionSuccessView です。(ここでは現在のモジュール/アクションを単純にモジュール/アクションと記述します。) カスタムビューファイルが存在しない場合は、mod_module_view_class コンフィギュレーションエントリーで定義されたクラスが使われます。このエントリーのデフォルト値は sfPHPView です。

tip

カスタムビュークラスを使うことで、ビューの sfView::execute() メソッドで独自のロジックを実行できます。たとえば、独自のテンプレートエンジンをインスタンス化できます。

ビューのレンダリングには次の3つのモードがあります:

  1. sfView::RENDER_NONE: sfView::NONE と同じで、実際のレンダリングをキャンセルします。
  2. sfView::RENDER_VAR: アクションの結果を生成し、sfActionStackEntry::getPresentation() メソッドを使って他のアクションスタックエントリからアクセスできるようにします。
  3. sfView::RENDER_CLIENT: デフォルトのモードで、ビューをレンダリングしてレスポンスの内容を送信します。

note

レンダリングモードは、現在のモジュール/アクションのレンダリング結果を返す sfController::getPresentationFor() メソッドでのみ使われます。

レンダリングフィルタ

いよいよ終わりが近づいてきました。これが最後のステップです。フィルタチェーンの実行はほとんど完了しましたが、レンダリングフィルタは何もしていなかったことを思い出してください。レンダリングフィルタは、チェーンの最初で他のフィルタの処理が完了するのを待っており、ここでようやく自身の処理を実行できます。名前から想像できますが、レンダリングフィルタから sfWebResponse::send() メソッドを使ってレスポンスの内容がブラウザへ送信されます。

フィルタチェーンの実行のまとめ

  1. filters.yml ファイルのコンフィギュレーションに応じたフィルタチェーンのインスタンス化
  2. security フィルタによる認証と資格のチェック
  3. cache フィルタによる現在のページのキャッシュ処理
  4. execution フィルタによるアクションの実行
  5. rendering フィルタによる sfWebResponse からのレスポンスの送信

全体のまとめ

  1. アプリケーションのコンフィギュレーションの取得
  2. sfContext インスタンスの作成
  3. sfContext の初期化
  4. ファクトリの読み込み
  5. 次のイベントの通知:
    1. request.filter_parameters
    2. routing.load_configuration
    3. context.load_factories
  6. グローバルなテンプレートパラメータの追加
  7. sfFrontWebController::dispatch() の呼び出し
  8. sfController::forward() の呼び出し
  9. generator.yml のチェック
  10. モジュール/アクションの存在チェック
  11. コントローラディレクトリーの一覧の取得
  12. アクションのインスタンスの取得
  13. module.yml または config.php からモジュールのコンフィギュレーションの取得
  14. filters.yml ファイルのコンフィギュレーションに応じてフィルタチェインのインスタンス化
  15. security による認証と資格のチェック
  16. cache フィルタによる現在のページのキャッシュ処理
  17. execution フィルタによるアクションの実行
  18. rendering フィルタによる sfWebResponse からのレスポンスの送信

最後に

ようやく終わりました! リクエストの処理が完了し、次のリクエストの処理を待ちます。symfony の内部プロセスは、それだけで 1 冊の本を執筆できるほど複雑で、この章はその概要にすぎません。さらに詳しく調べるには、ご自分でソースを読んでみるとよいでしょう。ソースを読むことは、現在も、またこの先においても、なんらかのフレームワークやライブラリのメカニズムを学習する一番の方法だからです。