Caution: You are browsing the legacy symfony 1.x part of this website.

app.yml設定ファイル

1.2
Symfony version
1.4
Language

symfonyフレームワークはアプリケーション固有の設定のために組み込みの設定ファイルのapp.ymlを提供します。

このYAMLファイルには特定のアプリケーションで使いたい任意の設定を格納できます。 コードにおいて、これらの設定はグローバルなsfConfigクラスを通して利用可能で、キーにはプレフィックスとして文字列のapp_がつけられます:

sfConfig::get('app_active_days');

すべての設定にはプレフィックスのapp_がつけられます。 sfConfigクラスはsymfonyの設定プロジェクトのディレクトリにアクセスする権限を提供するからです。

最初の章で説明したように、app.ymlファイルは環境を認識しコンフィギュレーションカスケードのメカニズムがはたらきます。

app.yml設定ファイルは環境に基づいて変化する設定(たとえばAPIキー)もしくは時間をかけて進化する可能性のある設定(たとえばEメールアドレス)を定義するのにふさわしい場所です。 このファイルはsymfonyもしくはPHPを必ずしも理解する必要のない人間(たとえばシステム管理者)によって変更する必要のある設定を定義するのにも最良の場所です。

tip

アプリケーションのロジックを搭載するためにapp.ymlを使うのはお控えください。

note

app.yml設定ファイルはPHPファイルとしてキャッシュされます。 処理はsfDefineEnvironmentConfigHandlerクラスによって自動的に管理されます。