Caution: You are browsing the legacy symfony 1.x part of this website.
Cover of the book Symfony 5: The Fast Track

Symfony 5: The Fast Track is the best book to learn modern Symfony development, from zero to production. +300 pages showcasing Symfony with Docker, APIs, queues & async tasks, Webpack, SPAs, etc.

app.yml 設定ファイル

1.4
Symfony version
1.2
Language

特定のアプリケーション固有の設定を変更できるようにするために、組み込みの app.yml ファイルが用意されています。

app.yml ファイルでは、特定のアプリケーションで使いたい任意の設定を定義することができます。コードにおいて、これらの設定項目はグローバルな sfConfig クラスを通じて利用可能で、キーの名前にはプレフィックスの app_ がつきます。

sfConfig::get('app_active_days');

sfConfig クラスが symfony の設定プロジェクトのディレクトリにアクセスする権限を提供するので、これらを区別できるようにするために、すべての設定の名前にプレフィックスの app_ がつきます。

設定ファイルの原則の章で述べたように、app.yml ファイルでは、環境が認識され、コンフィギュレーションカスケードのメカニズムがはたらいています。

app.yml ファイルは環境に応じて変化する設定 (たとえば API キー) もしくは長期にわたって変更される設定 (たとえばメールアドレス) を定義するのに最適な場所です。このファイルは symfony もしくは PHP をかならずしも理解する必要のない人 (たとえばシステム管理者) が変更する必要のある設定を定義するのにも適切な場所です。

tip

アプリケーションのロジックをまとめるために app.yml ファイルを使うことはお控えください。

note

app.yml ファイルのキャッシュは PHP ファイルとして保存されます。処理は sfDefineEnvironmentConfigHandler クラスにゆだねられます。